ゴルフ好きの男の子タイガーウッズ選手がラウンド前にドライビングレンジで練習する際、最後の1球は必ず「あるクラブ」で打ちます。
 
「あるクラブ」とは、その日のスタートホールのティーショットで使うクラブです。コースレイアウトや自然条件などによってドライバーやアイアンに変わります。
 
ラウンドに出て、朝イチのティーショットで緊張しすぎてミスしたことはないでしょうか?

ウッズ選手は、スタートホールのティーショットで使うクラブを最後に一発だけ打つことで、本番の予行演習をしているわけです。
 
本番では練習で最後にやったショットを繰り返すだけなので、緊張感はぐっと和らぎます。
 
ちなみに「ゲンかつぎ」のルーティンとして、タイガーウッズ選手はティーショットに入るまでの歩数を一緒にしているそうです。

ウッズ選手 ラウンド前のコースイメージ

タイガーウッズ選手はメジャーなどの大会では、毎朝行う練習で18ホールを頭の中でシミュレートするそうです。
 
ポケットには各ホールのレイアウト図を入れており、練習の際には時折それに目を通しています。
 
そのレイアウトに基づいてバンカーの位置、風が吹いた時のパターンなどを考慮して練習しているのだとか。
 
我々が練習するときも真似できそうな方法です。

  • 絶対!100切りプロジェクト
  • 竹内雄一郎ティーチングプロの動画教材です。「正しい練習法」「コースマネジメント」「絶対脱出するバンカーショット」「ラウンド前の6ヶ条」など、100切りに必要な内容に特化しています。