ドライバーやフェアウェイウッドのスイング上達法・練習法などをまとめています

管理人よりお知らせ

・9/1以降、GDOさんへのリンクは切れております 申し訳ありません

・当サイトは移行作業中です 完了までまだ時間がかかりますが今後ともよろしくお願い致します

ドライバーショットでの右足 FWのボールの位置

ドライバーショットでは右足の動きも大事です。

 

 

非常に小さな動きなのですが、ポイントになるところがいくつかあります。

 

ポイントを外してしまうとスイングの力をためることができず、インパクトが弱々しくなることもあります。

 

 

ドライバースイングの際の「右足のポイント」を紹介してみます。

 

 

アドレス状態からバックスイングを始め、トップの時点で体重は右足裏の全体に乗っています。

 

 

そこからダウンスイングが始まるわけですが、これとほぼ同時に次のような動作が起きます。

 

・右足裏の外側(小指側)がわずかずつ地面から離れ始める。
(このときに腰の回転も始まる)

 

・それにつれて右足首も内側に折れ始める。

 

インパクトでは

 

・右足親指の根本部分に力が入っている
(ただし、地面を蹴るような動きをしてはいけない)

 

・右足かかとも浮き始める。わずかに上がる程度。高く上げるのはNG
(このとき両肩の線は飛球線とほぼ平行になっている)

 

フィニッシュでは

 

・右足がつま先立ちになり、右足甲は目標に向いている

 

右足の動きは細かくほんの一瞬のものですが、体を支える土台、あるいは基礎部分の動きです。

 

上記のポイント項目とプロのスイング動画などで一度しっかりチェックする価値はあるのではないでしょうか。

 

ドライバーとFWでのボールの位置

ドライバーショットを打つ際のボールは「左かかとの前に置く」ことはよく知られています。

 

ボールをこの位置に置くのも、ボールをティーアップしているから可能なのです。

 

 

普通にクラブをスイングすると、スイングの最下点は両足の真ん中になります。

 

それよりも左側、つまり左かかとの前あたりになると、スイングの軌道は上がり始めます。

 

 

ドライバーでのボールの位置はまさにココです。

 

 

つまりドライバーショットでは、ヘッドがスイングの最下点を通過して、やや上向きになったころでボールをヒットしているわけです。

 

 

これはボールをティーで浮かせているから可能なのです。

 

 

ではフェアウェイウッド(FW)でのボールの位置はどうでしょうか?

 

 

FWはボールが地面に直接のっているため、ドライバーのような「下から上へ」の軌道でヒットすることはできません。

 

 

ですから、ドライバーの場合よりも両足の中心部(スイングの最下点)に近づける、つまり右に寄せる必要があります。

 

 

これをどれだけ右にずらすかですが、人によってかなり差があり、半個から2個と開きがあります。

 

 

いずれにせよ、「FWでは、ドライバーよりもボールを右に置く」のは大きなポイントです。

 

 

苦手意識を持っているプレイヤーが多いFWですが、いろんな人にコツを聞いてみると

 

 

「アイアンっぽく、ダウンブロー気味で打つ」
「クラブをほんの少し短めに持つ」

 

 

といった答えが返ってくることが多いようです。

 

こうした「コツ」は人それぞれであり、実際に打って自分で感覚つかむしかありません。