ゴルフスイング改善に役立つ 雑誌や番組 サイトなどを紹介しています

管理人よりお知らせ

・9/1以降、GDOさんへのリンクは切れております 申し訳ありません

・当サイトは移行作業中です 完了までまだ時間がかかりますが今後ともよろしくお願い致します

メディアのゴルフ上達・練習法記事一覧

池田勇太の極意 パットや短アプローチ

「池田勇太の極意」から、池田選手が試合中に心がけていることなどをお知らせしてみます。まずはパッティングにおいて。池田選手はパットでラインを読む際、まずボールを置いて、ラインは「前後と横」から見ます。「前後」はボール側とカップ側で、「横」とは「ボールが曲がる側」です。つまり傾斜しているなら低い方から、...

≫続きを読む

 

コースマネジメントのやり方 考え方 ルーティン

ゴルフネットワークには「植村啓太のスマートゴルフ 絶対突破100の壁 90台を目指す!」という番組があります。ゴルフインストラクターの植村啓太プロが、100を切るための考え方や練習法をわかりやすく解説する番組で、私も録画して観ています。録画した中から、ポイントになりそうな部分を抜粋して紹介します。ま...

≫続きを読む

 

レベルブローのコツ コックやティーの高さなど

ゴルフ雑誌「ALBA」の2012年6月28日号に、堀尾研仁コーチの「真レベルブローに挑戦!」という特集がありました。その中で、「レベルブロースイングのお手本」として、谷口徹プロのスイングが解説されています。それによると、レベルブローには四つのコツがあるそうです。◆レベルブローのための四つのコツ1 コ...

≫続きを読む

 

小林 藤井 新崎 手嶋プロ 対談記事より

雑誌「ゴルフTODAY」2013年4月号に、手嶋多一プロ藤井かすみプロ小林正則プロ新崎弥生プロの対談記事があり、興味深い内容でした。各プロの発言のポイントをまとめて紹介します。(以下敬称略)◆藤井 「あらかじめ打つ球数を決めて練習したほうがいい」 「マットの向き通りに打たないほうがいい 練習場ではい...

≫続きを読む

 

ドライバーとアイアン アンケートや対談記事

「ドライバーが良い日はアイアンがダメ」という経験はないでしょうか?管理人には頻繁にあり、どちらも絶好調、なんて日はこれまでのゴルフ人生を考えても数えるほどしかありません。なかなか両立はできないものです。雑誌GOLF TODAY (ゴルフトゥデイ) 2013年 07月号に、ドライバーとアイアンのスイン...

≫続きを読む

 

宮里藍選手の練習 片手・バランスディスクで

雑誌「GOLF TODAY 2013年 09月号」50〜51ページに、宮里藍選手の練習法についての記事がありました。宮里選手が実際に行っている練習と、それぞれの練習の狙いは何か、を村口史子元プロが解説されています。記事の概要を紹介します。宮里選手が朝から行う練習の順番のとおりです。まずは素振りから...

≫続きを読む

 

宮里藍選手のゆっくりスイングとフルショット練習

前ページ・宮里藍選手下半身安定・主導のための練習法 に続いて、雑誌「GOLF TODAY 2013年 09月号」52〜53ページから宮里藍選手の練習法のポイントを紹介します。宮里選手は、フルショット練習の際にも最初の一球は必ず「ゆっくりスイング」を行います。参考にしたゴルフ雑誌はこちらにまとめてい...

≫続きを読む

 

手だけのテークバックや体の開きを防ぐ練習法

テークバックを手だけで上げてしまうのを防ぐ練習法と、インパクトでの体を開きを防ぐコツを、雑誌「GOLF TODAY 2013年 09月号」で村口史子元プロが解説されていたので、ポイントを紹介します。まずは、上半身のひねりを生かした正しいテークバックを作る練習法です。アマチュアゴルファーはテークバッ...

≫続きを読む

 

正しいアドレスの作り方 背骨 首 あご 顔の位置

雑誌「GOLF TODAY 2014年 01月号(500号達成記念号)」で、内藤雄士コーチが正しいアドレスについて解説されていました。ポイントをまとめて紹介します。まず、その記事で最も強く強調されていたのは首と背骨は一直線がいいという点です。アゴは出さず、首と背骨が一直線になっているのがポイントです...

≫続きを読む

 

正しいテークバックとダウンスイング 練習法

雑誌「GOLF TODAY 2014年 01月号」で、内藤雄士コーチがテークバックとダウンスイング(アームターン)について解説されていました。いずれも興味深い内容であり、テークバックの考え方と「上げて下ろす腕」には目からウロコでした。このサイトでもこれまで言及していないので、ポイントをまとめて紹介し...

≫続きを読む

 

青木功プロ 膝と重心 宮里プロショット前ルーティン

青木功プロによると、「アマチュアの約8割は構えの重心が高すぎる」そうです。雑誌「GOLF TODAY 2014年 1月号に、青木プロのアドレス解説記事がありました。※前コンテンツはこちらです。青木プロ 正しいグリップ握り方 三本の指アドレスでは膝を深く曲げて重心を低い位置にキープし、スイング中も両ひ...

≫続きを読む

 

青木功プロ 精神面のアドバイス あえて曲げる練習

前エントリー・青木功プロの低重心アドレスに続き、雑誌「GOLF TODAY」2014年 1月号52〜53ページに掲載された青木功プロの記事を紹介します。参考にしたゴルフ雑誌はこちらにまとめていますその他ゴルフ上達本・雑誌まとめまずはメンタル面でのアドバイスです。◆「自分は一番うまい」という自信を持つ...

≫続きを読む

 

青木功プロ 100を切る方法・プレッシャー克服法

数ページに分けてお知らせしてきた「Golf Today」さんの特集シリーズも、このコンテンツが最後です。青木功プロ ゴルフ道具の手入れ 芝への語りかけ・曲げて打つ練習青木功プロの低重心アドレス 宮里プロ ショット前ルーティン「GOLF TODAY 2014年 1月号」の特集から、青木プロの記事のポイ...

≫続きを読む

 

打ち急ぎの手打ちを防ぐ 練習法 連続打ち・素振り

前ページに続き、雑誌「Golf Today」2014年4月号の特集「チーム芹澤 ヒミツのドリル」のポイントをまとめます。前ページはこちらです。藤田寛之プロ 右手だけスイング 曲がり解消練習法今回は上井邦浩プロの連続打ち&連続素振りです。これは緊張する場面でつい打ち急いでしまい、手打ちになるのを防ぐた...

≫続きを読む

 

宮本勝昌プロ ダフり・トップ対策素振り やり方

突然ですが、ショット前の素振りはどのようにやっていますか?ただ何となく振っていないでしょうか。振るスピードを少し意識するくらいで、実戦に役立つかどうかはあまり考えずにスイングしていないでしょうか。当サイトの素振り関連コンテンツ一覧ショット前のルーティンは人それぞれであり、納得できるスイングができれば...

≫続きを読む