ゴルフの精神面に関する話題・情報を集めています

管理人よりお知らせ

・9/1以降、GDOさんへのリンクは切れております 申し訳ありません

・当サイトは移行作業中です 完了までまだ時間がかかりますが今後ともよろしくお願い致します

メンタル記事一覧

ビジョン54とプレイボックス シンクボックス

「ゴルフ ビジョン54の哲学」(ピア・ニールソン&リン・マリオット共著)を読んだ宮里藍選手は強く感銘を受けました。ピア・ニールソン氏はアニカ・ソレンスタム選手を育てたことで知られ、07年現在はアリゾナでリン・マリオット氏と共に指導者向けのセミナーを主催しています。ビジョン54とは「全てのホールでバー...

≫続きを読む

 

プレー中に集中力を保つ方法 宮里藍選手

宮里選手やアニカソレンスタム選手は集中力が高まっている時、ショットの合間や同伴競技者がプレーしている最中は「全く別なことを考えている」そうです。宮里選手であれば「試合が終わったらこの前チェックしていた服を買おう」といったことを考えているのだとか。アニカ・ソレンスタム選手は01年のスタンダード・レジス...

≫続きを読む

 

ミスした際冷静さを保つ方法

「ゴルフはメンタルなスポーツ」とよく言われます。「いかに平常心を保つか」はプロにとっても非常に大きなテーマになっています。2010年の4月に熊本で行われた西陣レディースの初日、上田桃子プロは11番までに4バーディーを取っていました。しかし13番のグリーンでは8メートルを3パットしてしまい、この日初め...

≫続きを読む

 

自信がない時 スイングに表れる変化

バンカーショットや傾斜からのショットなど、誰にでも苦手な場面はあるものです。スイングに自信がなかったり不安を感じていると、起こりやすい現象があります。この現象のために普段通りのスイングができなくなり、ミスショットが出てさらに苦手意識が増す、という悪循環も起こることも。その現象を二つ挙げます。◆猫背に...

≫続きを読む

 

青木功プロ 失敗した時の対処法 メンタルの保ち方・考え方

アマチュアはもちろん、どんなに上手いプロでも、失敗はするものです。(私などは、失敗の合間にたまに成功する、という感じですが・・・)しかし、アマとプロでは明らかに違う点があります。それは、ミスをした後のメンタルの保ち方です。青木功プロが、雑誌週刊新潮2014年3月13日号で、失敗してしまった後のメンタ...

≫続きを読む

 

禅ゴルフ ジョー・ペアレント博士「無意識のショットがうまくいく」

ラウンドしていると、「一発でバンカーから出す」「絶対にあそこに落としてはダメ」など、強く意識したり、気合を入れることはしばしばあります。しかしそうして張りきった時ほど、ガッカリな結果に終わった経験は、ゴルファーなら一度はあるのではないでしょうか。それとは対照的に、あまり深く考えず、スパッと打ったらビ...

≫続きを読む

 

本番で無意識にスイングするにはジョー・ペアレント博士

「禅ゴルフ」 意識したスイングは良くない ペアレンツ博士からの続きです。「コントロール」を意識しつつ行う動作がぎこちなくなるのは、ゴルフスイングよりも身近な例で説明できます。ペアレント博士の解説です。白い紙に、いつもと同じように自分の名前を書く。次に「ゆっくりと慎重に」先頭から半分まで、書いた名前を...

≫続きを読む

 

ゴルフのメンタルマネジメント プレッシャー対処法

次の一打がOBや池がらみという時、ゴルファーなら誰でも「嫌だな〜」というネガティブな気持ちになったことがあるはずです。こういう時の対処法はネット上にもいろいろ紹介されており、ゴルファー独自のやり方もあるでしょう。このコンテンツでは、横田真一プロの「プロゴルファーがやっているスコア作りのコツ」155〜...

≫続きを読む

 

ビジョン54 三つの「ボックス」のポイント

ビジョン54とプレイボックス・シンクボックスでは、「ビジョン54」のシンクボックス、プレイボックスについて紹介しています。ビジョン54とは、スウェーデンの女子プロ、ピア・ニールソンとアメリカのコーチ、リン・マリオットにより提唱されました。ビジョン54自分の可能性を信じることで、自らの中に壁を作ること...

≫続きを読む