曲がりやトップ チョロ・ダフりを防ぐ方法とコツ

管理人よりお知らせ

・9/1以降、GDOさんへのリンクは切れております 申し訳ありません

・当サイトは移行作業中です 完了までまだ時間がかかりますが今後ともよろしくお願い致します

曲がり・ミスショットを防ぐ記事一覧

ショットが曲がる理由 シャフトが寝て入る など

ダウンスイングでシャフトが寝ているとショットは曲がってしまいますダウンスイングでシャフトが立っていることは、インパクトでフェースがスクエアに当るための必須条件です。ダウンスイングでシャフトが寝ているとフェースが開きます。そのままインパクトすると右に曲がりますし、手元を無理に返すと左に曲がってしまいま...

≫続きを読む

 

右に曲がる理由「当てにいく」「頭が早く上がる」

ダウンスイングで当てにいってグリップがゆるんでいないでしょうか?トップに上げるまでは一定のテンポでスイングできても、ダウンスイングで、当てにいく意識が強くなるとグリップがゆるみ、スイングのスピードが遅くなります。するとフェースが開いて打球は右に曲がってしまいます。スイングを通してグリップの力は一定に...

≫続きを読む

 

グリップを力むと左に曲がる

ダウンスイングでグリップが強くなりすぎることはないでしょうか?トップまで上げるバックスイングではリラックスしていても、ダウンスイングで急に力が入ってしまう、というゴルファーは意外と多いようです。これは飛ばそうとする意識が働くためで、自然とグリップにも力が入りがちになります。強すぎるグリップは、手元が...

≫続きを読む

 

ボールが右に出てしまう原因と改善ポイント

スイングのインサイド軌道が強いと、ボールが右に出てしまいます。インサイド軌道は一般に好ましいとされますが、あまりに強いとボールが曲がる原因になります。インサイド軌道が強くなりすぎる原因のひとつは、ノーコックでクラブを上げることです。これでは切り返しで余分な力が入りやすくなり、シャフトが寝てしまいます...

≫続きを読む

 

フックやプッシュの原因 早くほどけるコック

コックが早くほどけてしまうとフックやプッシュになりますショットが曲がるのは、クラブヘッドが理想的な軌道にのっていないだけが原因ではありません。軌道以外の最も大きな間違いのひとつは、手首のコックが早くほどけてしまうことです。釣りのキャスティングのようにコックが解けてしまうと(※下参照)、手首だけで振る...

≫続きを読む

 

ボールが左に出る原因 修正ポイント

スイングのアウトサイド軌道が強いと、打球は左に出てしまいます。スイングがアウトサイド軌道になっていないかどうかをチェックするポイントのひとつに、右肩があります。右肩が前に出ていないでしょうか?右肩が出ているとスイングはアウトサイドに上がりやすくなります。右肩を引いてちょっと下げて構えると、インサイド...

≫続きを読む

 

トップやチョロになりやすいスイングとは

スイングのアッパー軌道が強すぎると、トップやチョロが出やすくなります。これはアッパーが強すぎると打点がフェースの下部にずれるためです。この場合、スイングの最下点がボールよりもずっと手前にきています。スイングがインサイド・アウトだと、アッパー軌道になります。よって、インサイド・インに振って、レベルブロ...

≫続きを読む

 

石井忍コーチ 曲げないコツ 左脇に力 両肘を腰骨に

曲げないためのコツひとつめ。左脇をギュッと締めて力を入れたままスイングする「ゴルフのスイングでは力みがあってはいけない」とよく言われますが、石井忍コーチは「左わきだけは力んでも良い」と指導しています。左脇をギュッと締めたままスイングするとグリップの力みが抜けて、バックスイングとダウンスイングのスピー...

≫続きを読む

 

テンプラ・吹きあがりになってしまう

スイングのダウンブロー軌道が強すぎると、テンプラ・吹きあがりが出やすくなります。これは打点がフェースの上部にずれているためです。この場合、スイングの最下点がボールよりも先にあります。スイングがアウトサイド・インだと、ダウンブロー軌道になります。よって、インサイド・インに振って、レベルブローを心がけれ...

≫続きを読む

 

球の出と曲がり ヘッド軌道とフェースの向き 関連

ヘッド軌道とボールの出方の基本的なことについて、「植村啓太のスマートゴルフ 絶対突破100の壁 90台を目指す!」からポイント部分をまとめます。すでによく知られたことかも知れませんが、おさらいのつもりでご覧下さい。ゴルフの球筋には9種類あります。 ボールが目標に対して・まっすぐ出る ・右に出る ・左...

≫続きを読む

 

球が右に出る時のスイング矯正法

「植村啓太のスマートゴルフ」で、出球が右方向に偏る場合の矯正法が紹介されていました。前のページ:ヘッド軌道・フェイスの向きと出球・球の曲がり方向まとめ打球が右に出る場合、原因のひとつに、トップでシャフトがクロスしている(トップでヘッドが頭の真上あたりにきて、野球のバッターのような構えに近くなる)こと...

≫続きを読む

 

打球が左に出る際のスイング改善法

ショットした球が左に出るのは、ヘッドがスイングの外側から入っていることが理由です。出球が右に偏る原因と対処法 テークバックや手首「植村啓太のスマートゴルフ」で、ヘッドが外側から入ってくる場合の対処法が紹介されていました。ヘッドが外から入る原因のひとつに、ダウンスイングの開始時点でクラブが立っているこ...

≫続きを読む

 

スライスになる三つの原因と対処法 スイング練習法

打球が大きく右に曲がってしまう(スライスになってしまう)現象は、特に初心者のゴルファーに多く見られるのではないでしょうか。打球が左に出る理由 ダウンスイングでのポイント世の中には「スライス解消法」はたくさんありますが、その中でも植村啓太コーチが伝授するスライス対処・練習法を紹介します。打球が右に曲が...

≫続きを読む

 

フォローでフェースの開きを防ぐ スイング改善法

「右側に打ちたくない」「スライスをかけたくない」と思うほど、右に飛んでいく、という経験はないでしょうか。右に飛ばさないよう意識すると、かえって右に飛んでしまう理由のひとつに「右に打ってはいけないという気持ちがあるため、インパクトで無意識のうちにヘッドを左に引いてしまっているから」が考えられます。ヘッ...

≫続きを読む

 

笠りつ子プロ 右OBを防ぐには 正しい方向どり

笠りつ子プロによると、コース上でのアマチュアゴルファーは右を向いていることが多いのだそうです。これは知らず知らずにやってしまうクセのようなもので、左のバンカーやOBを嫌って右を向く目標(ピン)に肩のラインを向けてしまうので結果的に右向きになる・・・などがよくあるケースです。これを防ぐため、笠プロはま...

≫続きを読む

 

樋口久子プロ 正しいアドレスの作り方 まずはフェースを合わせる

いまさら聞くなよ、と言われそうですが、当サイトユーザーの皆様は、どのようにアドレスを作っているのでしょうか?まずは足の位置から決めている方も多いのでは?これは無理もない話で、世の中に出回っている「アドレスの作り方ノウハウ」では、多くが「まずは足を肩幅(くらい)に開いて・・・」といった指導から始まりま...

≫続きを読む