パターのスイング改善法やパッティング上達法などまとめ

管理人よりお知らせ

・9/1以降、GDOさんへのリンクは切れております 申し訳ありません

・当サイトは移行作業中です 完了までまだ時間がかかりますが今後ともよろしくお願い致します

パッティング記事一覧

グリーン上でやることやらないこと 傾斜の読み方など

ゴルフのレッスン番組を先日見ていたら、今田竜二プロがアプローチとパットの解説をされていました。アプローチで寄せた後、グリーンでパットという場面で、司会の方が「グリーン上で一番最初に考えることは何ですか?」と今田プロに質問をされたのです。それに対する今田プロの答えに、私は思わずなるほど!と膝を打ってし...

≫続きを読む

 

仮想ホールの決め方

仮想ホールとは、グリーン上に作る想像上のカップのことで、芝目や傾斜に対応するためのものです。パッティングの際、仮想ホールの設置は非常に重要です。仮想ホールを意識すると目標がハッキリするため、自信を持ってストロークできます。ただ何気なく、漠然とボールを打つのとでは雲泥の差が出るのです。よく知られている...

≫続きを読む

 

パットでのクロスハンドグリップ

パットが左に外れる原因は両肩の向きが間違っていることがほとんどです。パッティングで普通に握ると、右手が左手の下になるため右肩が下がることになります。これだけなら問題は無いのですが、両肩がターゲットラインに対し開いて構えてしまうことがあります。これではスイングの軌道がアウトサイドインになるのでボールを...

≫続きを読む

 

パット練習 サークルパットなど各プロの方法 屋内でも

いろんなコースでラウンドしていると、パッティングで様々な状況に遭遇します。ラインを見極める目を養い、状況判断力を磨く練習法のひとつにサークルパッティング練習法があります。カップを中心に、ドライバーの長さを半径とした円周上にボールを等間隔で並べていきます。ボールはいくつ並べてもよいのですが、10個くら...

≫続きを読む

 

パターのスイートスポットの見つけ方

パッティングの際、ボールをスイートスポット(真芯)でとらえることができると狙ったラインにまっすぐ転がり、しかも転がり方がスムーズになります。パターのスイートスポットを探し方を紹介します。パターフェイスを真上にしてシャフトを左手で握り、右手にボールを持ってフェースにコンコンと当ててみます。その時に左手...

≫続きを読む

 

ロングパットの距離感・強さを覚えるには

グリーン周りのカラーや、ごく短いラフなどからパットを打つときは、どうしても「強めに打たなければ」という意識が起きます。またグリーン上でも、ロングパットでは強く打つ意識が働きます。これらは、ボールが転がりにくい、あるいは遠くまでボールを届けなくてはいけないケースなので、「強く打とう」と考えるのは当たり...

≫続きを読む

 

パット練習法 上田桃子 近藤智弘プロ 自宅でもできる

上田桃子プロが海外の試合に参戦した際、「海外の選手は小技がほんとにうまい」と痛感したそうです。そこで上田選手は海外選手を見習ったパッティング練習法を取り入れました。まずは練習用のグリーンで1、3、5メートルの3つの距離を準備します。そしてそれぞれの距離のパッティングをカップの周囲全方向からくりかえす...

≫続きを読む

 

大山志保プロのパット 重心やボールの位置

大山志保選手は、パッティングのアドレスの際に「体重がどこに乗っているか」を最も重要視します。「パッティングのアドレスの際にはどうしても左足に体重が乗りやすい」そうで、これではいけないのだとか。アドレスの際には「体重は必ずセンターに来るよう意識しておかなければいけない」と語っています。またパッティング...

≫続きを読む

 

パットでチェックすること 目の位置や頭

パッティングでは両目の真下(右目よりでも左目よりでもない)にボールがあり、両目を結んだラインがカップへのラインと平行なのが理想です。(ただし、大山志保プロのように、真下ではなく少し体から離して置くケースもあります)目の位置をパターで確認する方法があります。まずは両目のラインがカップへのラインと平行か...

≫続きを読む

 

パットの基本型 フォローとテークバック

ドライバーやアイアンと違い、パットではフォームがチェックされることはあまりありません。「パットに型なし」という言葉もあるようですが、パットにも基本とされるフォームはあります。いわゆる「五角形」と呼ばれる形です。・ボールの真上で自分の腕が最も動きやすい場所に立つ・ボールは両目の真下、体の中央に置く・両...

≫続きを読む

 

青木功プロ パットで最も大事なもの

当サイトを読んで下さるあなたにとって、ゴルフで一番難しいのは何でしょうか?フェアウェイウッドでしょうか?バンカーショット?青木功プロにとって、一番難しいのはパッティングなのだそうです。雑誌週刊新潮 2014年 7/10号の青木プロのコラム「おれのゴルフ」は、パッティングについての記事でした。(このコ...

≫続きを読む

 

パットでの「左向き」を矯正する左打ち 右肩のかぶりを直す

別のコンテンツ「樋口久子プロ 正しいアドレスの作り方 まずはフェースを合わせる」で、「アマチュアはアドレスで右を向きやすい」と紹介しました。これは、ゴルフ雑誌「ALBA」2015年11/12号の記事を参考にしたコンテンツなのですが・・・同じ「ALBA」の別の記事には「パッティングでは左を向きやすい」...

≫続きを読む

 

少しだけ曲がるショートパットのコツ 宮本勝昌プロ

当サイトを訪れて下さるゴルファーの皆様にお尋ねしたいのですが・・・ほんの少し曲がるショートパット(1.5m程度)でのアドレスは何を意識しているのでしょうか?私の場合、ほんの少し右(あるいは左)にスクエアに構えています。※参考コンテンツ仮想ホールの決め方このやり方もゴルファー各自で微妙に違うと思うので...

≫続きを読む

 

スタート前のパット最終チェック・練習法 スイングや重心

練習グリーンでできる練習法やチェック法を紹介します。プロも行っているもので、アマチュアにも簡単に実践できます。ぜひ、次回のラウンド前に試してみて下さい。(このコンテンツはALBA プレジデントムック「きっちりアプローチ&パットで『ナイスパー!』」76ページを参考にしています)参考にしたゴルフ雑誌まと...

≫続きを読む

 

パットのスイングに応じた マレット・ブレードの適性

このコンテンツをアップする数日前の2017年5月29日、宮里藍選手が引退を発表されました。宮里選手の引退関連記事三つへのリンクはこちらのコンテンツにまとめていますあまりにも早い気がします。「モチベーションの維持が難しくなった」そうで、腰の状態も思わしくないようです。それなら少し休養しては?とも思うの...

≫続きを読む

 

パットのミスに対応したパターのヘッドバランス

大本研太郎プロ解説 パットのスイング別 適したパターのタイプで、パターのフェースと地面の角度がわかりました。(このコンテンツはゴルフトゥデイ2014年8月145〜153ページを参考にしています)その角度はパターのバランスを表していて、以下のように分類され、「つかまり」のよさに違いがあります。◆トゥバ...

≫続きを読む