ゴルフ好きの女の子ゴルフダイジェストオンライン(GDO)さんのサイトには、山梨県上野原市のレイク相模カントリークラブコース攻略コンテンツがあります。
 
トップアマチュアがいくつかのホールをピックアップし、攻略例を紹介するコンテンツです。

レイク相模カントリークラブはこんな特徴があります。
 
・ホールによって様々な表情があり、ゴルファーを飽きさせない
・レイアウト、グリーン形状ともに計算が行き届いており、ショットの精度が求められる
・グリーンは微妙なアンジュレーションを考慮して攻略する必要があるが、転がりは素直

 
 
コンテンツでは以下の3ホールについて解説されています。
 
6番ホール(パー3)
・ティグラウンドからグリーンまで10ヤード程度の打ちおろし
・奥行きを感じるレイアウトだが実際は・・・
・コース形状により、ある心理が働きやすいが、それはスライスを招く原因にもなる
・ドローヒッターであればここがポイント
 
7番ホール(パー5・左ドッグレッグ)
・独特のレイアウトとOB位置を考慮した、ティショットの狙い所
・2オンを狙わず、レイアップする場合のターゲット
・このホールで好結果を出すための心がけは?
 
9番ホール(パー4)
・飛ばせるゴルファーが陥りやすい罠と番手の選び方
・セカンドシヨットも見た目に惑わされないクラブ選択が必要
・パッと見はフラットなグリーン
 
実際に同コースでプレーするゴルファーはもちろん、攻略の考え方を学びたい方にも参考になるコンテンツです。
↓ ↓ ↓
GDOレイク相模カントリークラブ攻略 グリーンには微妙なアンジュレーションと計算されたレイアウトなので、ショットの精度が要求されるコース