ゴルフ好きの男の子谷原秀人プロは、100切レベルのゴルファーがアプローチでダフッたり、トップしたりする原因を
 
インパクトでボールに当てようとするから
 
としています。

インパクトに集中するというと、一見良いことのようにも思えますが、この意識があまりに強すぎると、わずかなヘッドの入り方のズレが大きなミスになってしまうのです。
 
そのため谷原プロは「インパクトはスイングの通過点と考えるべき」と主張しています。
 
これを実践するために必要な心がけは・・・
 
バックスイングよりもフォローを大きくして加速しながら打つ
 
です。
 
この打ち方であれば、ヘッドが少し手前に入ったとしても、ヘッドが加速する勢いがあるのである程度ボールは前に飛ばせます。
 
アマチュアの場合、多くはバックスイングが大きく、フォローが小さくなっています。
 
これではインパクトで「緩み」が発生するため、最悪の場合はボールがほとんど飛ばない「ザックリ」を生むことになってしまいます。
 
実際のスイングでは、打つ前の素振りで「これくらいフォローを出す」とイメージしたら、すぐにボールを打ちましょう。
 
アプローチは打つ前に考えすぎると、体がどんどん硬くなってしまい、スイングが小さく、手打ちになってしまうからです。