ゴルフ好きの男の子フェアウェイバンカーではダフリを防ぐため、あえてトップ気味に打つ方法もあります。
 
しかしグリーンを狙うのであれば、ボールの先の砂を軽く取るつもりで、ダウンブローで打つと確実性が増します。
 
(このコンテンツは雑誌ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2015年11/12号60ページを参考にしています)

そのためには、野仲茂プロは以下のようなポイントを意識して打ちます。
 
・グリップは短めに握る
フェアウェイバンカーでは砂に足が埋まるため
 
・まずインパクトの姿勢を作り、その体勢をアドレスにして構える
これはスイング中の無駄な動きを極力省くためです。
 
・ボール位置はスタンス中央からやや右寄り
 
・軽く左足体重で少しオープンに構える 
インサイドからの、あおるような軌道でのスイングになるのを防ぐため。
 
このままスタンスなりに振れば、アウトサイド・インの軌道になり、クリーンに球を打てます。
 
よりミート率を上げて、フェースの開閉を防ぐためには、以下のようなことに気をつけましょう。
 
・コンパクトに振る
・手首は極力動かさない
・腕と肩で作る三角形を崩さない
・シンプルに、クラブを上げて下ろすだけ

 
フォローでは、シャフトを立てると方向性が高まってとばせます。