ゴルフ好きの男の子松山英樹選手がアプローチで最も重視しているのは、
 
方向性
 
です。
 
距離感ではありません。

アプローチの精度を高めるため、松山選手は次のような工夫を行い、スイングでのポイントを意識しています。
 
■ウェッジにパター用グリップを挿している
松山選手は、ウェッジに「スーパーストローク」を挿しています。
 
これはパター用のグリップで、平らな面が多いのでフェース面が管理しやすくなります。
 
 
■オープンスタンスで構える
アプローチでは下半身リードを使いません。なのでオープンスタンスで構えておけば、フォローで手元が通るスペースが確保でき、振り抜きが良くなります。
 
 
■アプローチのスイングは「フルショットの縮小版」という意識を持つ
松山選手はアプローチでも、フルショットと同じく肩でクラブを上げます。するとヘッドは自然とインに上がり、真っすぐにフォローが出ます。カット軌道(左方向の軌道)では振りません。
 
「フェースが開いていても、左に振れば左に飛ぶ(ヒッカケてしまう)。だから肩の回転でインに引く(松山選手)」のです。
 
フォームはフルショットと同じでも、振り幅を小さく(縮小版)すれば。アプローチのスイングになるわけです。
 
 
■フォローではインサイドに振らずターゲットに向ける
ボールをターゲット方向に押しこむイメージで、ヘッドは飛球線上を長く動かします。
 
 
アプローチの際は参考にして下さい。