ゴルフ好きの男の子「アプローチでもハンドファーストで」とは、スイングの解説などでもよく目にします。
 
ボールをすくい上げるようなスイングでは、ダフりやトップのミスが増えるからです。
 
しかし、ハンドファーストにしているのにダフッてしまう、ということはないでしょうか?
 
自分のスイングを動画で撮って検証してみても、原因が判明せず、何が悪いのかわからない、ということもあるようです。

そんな時は、高橋玄コーチが挙げる注意点をチェックしてみてはどうでしょうか。
 
その注意点とは、
 
左手をウィークに握ってみる
 
ことです。
 
アプローチは振り幅が小さいので、フェースターンもそれほど必要としません。そのため、ウィークなグリップでもOKなのです。
 
そしてウィークなグリップは、ソールが滑らせるのに適しています。ハンドファーストのスイングが容易になり、ミスが減って距離感も良くなります。
 
対して、フルショットの際に用いるグリップをアプローチで使い、かつインパクトでのハンドファーストを意識すると、手元が身体から離れやすくなってしまいます。
 
すると刃から刺さるスイングになるのです。
 
自分のスイングをチェックする際、グリップは意外と見落としがちです。
 
アプローチでのミスが多い場合、左手をウィークに握ることを意識してみてはいかがでしょうか。