ゴルフ好きの男の子ドライバーを「いかに飛ばすか」を追求するスイングにはいろいろな理論があり、「これが一番」「この方法が最も良い」と決まるものではありません。
 
体重移動ひとつにしても様々な考え方があり、矛盾する主張もあります。

しかし「いま多くのプロが実践している」スイング理論なら、ある程度限られます。
 
現代であれば、
 
・体重移動を行う
・下半身の力を使う
・体を大きく捻転させる

 
といったポイントは、比較的多くのゴルファーが意識しているのではないでしょうか。
 
ゴルフダイジェストオンライン(GDO)には吉田洋一郎氏が、上田桃子プロのドライバースイングを解析されているコンテンツがあります。

  • 足の動きと体重移動
  • 下半身主導で始まるスイング
  • 下半身と上半身の捻転差を大きくする
  • インパクトでの下半身の踏ん張り

といった、現代で意識されがちなスイングの注意点が解説されています。
↓ ↓ ↓
斧で木を切り倒す― 上田桃子の“下半身イメージ”【優勝者スイング】