ゴルフ好きの女の子渡邉彩香プロは、
 
アプローチでよくダフる人は、ボールを左に置きすぎているケースが多い
 
としています。

体重移動を抑えて打つアプローチの場合、球が左足寄りだとスイングの最下点よりも先に球があるため、手前の芝を叩いてダフりやすいのです。
 
(このコンテンツはGOLF TODAY 2017年2月号74~75ページを参考にしています)
 
これはつまり、
 
球をもう少し右に置けば同じようにスイングしてもクリーンヒットできる
 
ということでもあります。
 
渡邉プロの場合、両足をそろえるようにスタンスをとり、球は右足の前に置いています。
 
スイングでは左足体重を保ちます。それにより軸がキープされ、構えたところにスムーズにヘッドが戻ります。
 
 
球の位置に加えてもうひとつ、テークバックでクラブをアウトに上げるのもポイントです。
 
これにより、ダウンスイングでもクラブが上から入りやすくなり、より効果的にダフりを防ぐことができます。
 
インに上げると、クラブが下から入りやすくなってしまうのです。