ゴルフ好きの男の子前ページ北野正之プロ アドレスではグリップエンドをヘソのすぐ左にまでの動作では、まだ足は閉じたままです。
 
「ボールの位置はスタンスの真ん中」「左足寄り」など、スイングにおいてスタンスとボールの位置関係は大変重要です。
 
それでは、ここまで紹介してきた北野正之プロのやり方では、どのようにボールの位置を決めるのでしょうか?

これまで同様、雑誌「GOLF TODAY」 2016年5月号の記事から、北野プロの解説を紹介します。
 

 
4 左足→右足の順で開く
前回までで、「グリップエンドがヘソのすぐ左を指すように」構えました。ここからいよいよスタンスを広げます。やり方と注意点は以下のとおりです。

・足を閉じた状態で、重心は足の真ん中に置く
 
・まず左足から半歩広げる
 
・次に右足を半歩広げる
 
・重心の位置は閉じていた時と変わらない
 
・ここまでの動作で、グリップエンドはヘソの左を指した場所で固定し動かさないように注意

 
「半歩開く」では漠然としているので、クラブの番手とボール位置の目安を挙げます。
 
・PWはスタンスの真ん中にボール
・5番アイアンは、スタンスの真ん中から1.5個分左足寄りに

 
前後のボール位置が一定になっているかをチェックする方法もあります。

・両手でグリップして左右に足を広げたら、つま先に体重をかけてヘッドを奥に滑らせる
 
・次にカカトに体重を乗せ、ヘッドを手前に滑らせる
 
・これでヘッドが前後に均等に動けばOK

 
このチェックで、つま先に体重をかけてヘッドが奥に大きくズレるようなら、体がボールに近すぎると考えられます。
 
また、カカト体重でヘッドが手前に大きく動くと、ボールから離れすぎています。
 
 
北野プロによるアイアンのアドレス解説は以上です。
 
アドレスの作り方についてはここまでですが、北野プロはボールの位置によってミスを軽減する方法も解説されています。
 
次ページでは、そのやり方のポイントをまとめます。