ゴルフ好きの男の子谷原秀人選手は今期(08年)、ウェッジを4本バッグに入れて試合に出場したことがあります。
 
谷原選手はプロギアのMTI ウェッジ 53度と59度を以前から愛用していました。
 
これらに加えて、5月の「中日クラウンズ」では3I を抜いて56度、60度を使うようになったのです。

MTI ウェッジはクラブデザイナー宮城裕治氏の作で、ツアープロの間でも評価が高いクラブです。
 
ウェッジを4本も使うのは状況に応じてより細かく打ち分けるためで、谷原選手は

「56度はバンカーショットにも、ランニングアプローチにも使える。60度は下をくぐってしまいそうな深いラフからでもフェースにくっついて柔らかいボールが打てる」

と語っています。
 
状況への細かい対応を意識するのは、海外ツアーでのプレーを意識しているからです。
 
海外のコースは日本よりもタフな設定であることが多く、多彩な打ち分けができないとスコアを伸ばすことができません。
 
谷原選手は前回の米ツアー挑戦(05年)では思うような成績は残せませんでしたが、次の挑戦への意識は常に高いようです。

ショートアイアンの振り過ぎを防ぐ トップ位置と左かかと

東京スポーツ新聞に、塩田正プロが連載されている「ゴルフのツボ」というコラムがあります。
 
いずれも非常に参考になる内容で、私はスポーツ新聞を購入してこのコラムをスクラップにしています。
 
順不同ですが、内容のポイントを要約して紹介してみます。
 
第83回のコラム「ショートアイアン編」より

・ショートアイアンのバックスイングのトップは、スリークォーターが基本
 
・両手の位置は、ドライバーのように高くは上がっていかない 時計の10時の位置が限度
 
・これよりも両手が高く上がるとオーバースイングになり、ショートアイアンに必要なコントロールショットが打てなくなる
 
・ショートアイアンでオーバースイングに注意すると、ショットの正確度がグンとアップする
 
・このオーバースイングを防ぐには、テークバックで二つポイントがある
 
ひとつ目は、左かかとは地面に着けたまま、両肩中心の回転でクラブを振り上げる
 
ふたつ目は、アドレスの両膝の曲げと状態の前傾をキープしておく