ゴルフ好きの女の子テークバックを手だけで上げてしまうのを防ぐ練習法と、インパクトでの体を開きを防ぐコツを、雑誌「GOLF TODAY 2013年 09月号」で村口史子元プロが解説されていたので、ポイントを紹介します。
 
まずは、上半身のひねりを生かした正しいテークバックを作る練習法です。
 
アマチュアゴルファーはテークバックの際、上半身の捻転が足りずクラブを腕だけで上げがちです。

これをやってしまうとテークバックでクラブをインサイド引きがちになり、インパクトではボールが右に出てしまいます。
 
(※参考 出球が右に偏る原因と対処法 テークバックや手首
 
これを防ぐためには、ボールの30cm後方にゴムティーを置き、バックスイングでそのティーに当たるかどうかをチェックします。
 
(ちなみに上の参考コンテンツ内では、ボールの飛球線後方30cm~40cmに置く練習法を紹介しています)
 
もちろん腕を伸ばして当てるのではなく、上半身のひねりで当てます。
 
また、体右方向にスウェーして当てるのもダメです。
 
ゆっくりしたスイングで、軸から回す体の捻転で当てるのです。
 
次に、インパクトで体の開きを防ぎ、スライスを防止するコツについて。

  1. 右手一本でクラブを持つ
  2. 次に左腕をまっすぐ正面に伸ばし、その真下にボールを置く
  3. その状態で右腕だけでスイング
  4. テークバックからインパクトまで左腰が開かないよう注意

実際にボールをヒットしてもいいですし、素振りだけでもOKです。
 
この「左腕伸ばしスイング」はインパクトでヘッドが走る感覚を養い、振り遅れや体の開きを防いでくれます。
 
特別な道具は必要ないので、練習場でも思いだした時に実践してみましょう。