ゴルフ好きの男の子このサイトでは、シャットフェースでのインパクトについて複数の記事を作っています。
 
シャットフェースインパクトは真っ直ぐ飛ばす手段として優れていますが、「つかまり過ぎ」てしまう不安もあります。
 
この懸念を払拭するにはどうすればよいのでしょうか?

(このコンテンツは雑誌ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2015年11/12号30~31ページを参考にしています)
 
雑誌「アルバ」に、ダスティン・ジョンソン選手の解説記事がありました。
 
ジョンソン選手のスイングは”超シャットフェース”で知られていて、トップでフェースは完全に空を向くほどです。
 
しかし、インパクトで閉じすぎるミスはありません。
 
その秘訣について、ジョンソン選手はこのように解説しています。

右ひじは体の近くを通すんだよ。
 
これならひじから先がロックされるからフェースは返り過ぎないし、左ヒザも開かない。パワーが逃げずに、真っ直ぐ飛ぶんだ。 

手が低く動くので、フェースの動きが安定します。