ゴルフ好きの男の子フェースを開かないための最大のポイントは、バックスイングにあります。
 
おさえるべきポイントとして、藤田寛之プロは
 
バックスイングでもフォローでも、手元がいつも体の正面にあること
 
としています。

(このコンテンツは雑誌ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2015年11/12号26~27ページを参考にしています)
 
そのために、意識としておくと役に立つのが「何気なく電気のヒモを引っ張る時の腕」です。
 
その時の腕は体の正面にあり、理想のトップの形と共通しているのです。
 
藤田プロの解説です。

フェースを開かないといっても、飛球線上をまっすぐスクエアなまま引くのとは違います。
 
例えば、電気のヒモを引っ張る時は、誰でも体の正面で自然な腕の形をしているはず。そのまま上体を”回れ右”すれば、それがトップのポジシション。
 
この状態でクラブを持った時、元のアドレスと比べるとフェースは開いていますが、回れ右をした体に対してはスクエアなまま。
 
つまりこれが”体の正面でフェースは常にスクエア”という意味です。バックスイングでも、ややインサイドに引く形になりますよ。

”手元正面”をキープするには、「ヒモを引っ張る腕」にして右脇にグローブを挟み、それを落とさないよう上体を回転させてみましょう。
 
体が回らず、手だけでクラブを上げるのは論外です。フェースをまっすぐ引こうとするのも、バックスイングでのけ反る原因になってしまってよくありません。