ゴルフ好きの男の子「フェアウェイウッド(FW)が苦手」というゴルファーは多いのではないでしょうか。
 
ネット上にも、様々な秘訣・コツを紹介したコンテンツがあります。

このページでは、横田真一プロのFWのコツを紹介します。
 
FWでは払い打つのが基本とされていいますが、横田プロはライによって打ち方を変えるように勧めています。
 
ポイントは以下の二つです。

浮いていたり平らの場合

横から払い打つのが正解
ボール芝の上に浮いている場合、ボールの前後を払い打つ意識で振るのが一番確実です。
 
ボールはアゴの真下よりも少し左にくるように構えます。
 
ダウンスイングでは、腰を左にスライドさせないようにしましょう。腰がスライドするとダフりやトップを招いてしまいます。
 
体重を左足付け根から外さないように注意しつつ、スイング軌道上にある、ボールの左右15cmずつ(合計30cm)を払い打つ意識で打ちましょう。

凸凹や傾斜などライが悪い場合

少し上から打ち込むのが正解
ライが荒れていると、ボールの後ろに土があるなど、ソールを滑らせるのが困難な場合もあります。そんな時に払い打とうとすると強烈なダフりやチョロを招くことも。
 
そんな時は、FWであっても少し上から打ち込むスイングが効果的です。
 
ライが良いケースとは逆に、ボールはアゴの真下より右側に置きます。アイアンのアドレスのようにハンドファーストになり、打ち込む体勢が作りやすくなります。
 
ダウンスイングで顔が少しでも左に向くと、右肩が下がってダフってしまいます。フュニッシュまで顔を上げず、ボールを見続けるのがポイントです。