ゴルフ好きの男の子ゴルフトゥデイ2017年2月号に、「アイアン型のユーティリティでもう少し飛距離を出すには?」という記事がありました。
 
永野竜太郎プロそのコツを解説されていて、その答えは

右肩をトップ位置から動かさない
 
でした。
 
以下にポイントをまとめて紹介します。
 
(このコンテンツはGOLF TODAY 2017年2月号58ページを参考にしています)
 
まずありがちなのが、ダウンスイングで右肩が左にスエーする間違いです。右肩が左に流れると、ヘッドが走ってくれず軌道がズレて、インパクトが点になるためミスが出やすくなります。
 
右肩は動かさないように振り抜きましょう。それによりインパクトで軸がブレずに芯で打てるのです。
 
そのためのチェックポイントを以下に挙げます。

・ダウンスイングではクラブを真下に下ろす 右肩を左に流さないように
 
・右肩が右足の上に来るよう我慢してクラブを下ろす
 
・フォローでも右肩を右足の上にキープすれば、ほどよい打ち込みのインパクトになる

 
右足の上でフォローを取るように意識しましょう。