ゴルフ好きの男の子正しいグリップ・コック チェック法もでも書いたように、グリップには非常に個性が出ます。
 
手の大きさは個人差が大きいですし、握力・腕力・プレイスタイルまで考えると、違うのが当たり前のようにも思えます。
 
実際に、トッププロと呼ばれる選手にも、かなり個性的と言えるグリップをする選手がいます。

ただし、「個性が出る」とは言ってもセオリーはあるので、思うような弾道にならない時にはセオリーに一度戻ることも必要でしょう。
 
グリップの性質は、人差し指と親指が作るV字がどこを向くかで判断します。
 
両手のV字が・・・

・左肩を指していればウィーク
・右肩を指していればストロング

とされています。
 

 
まずセオリーとして、右手と左手のV字は同じ方向を向けます。
 
初心者は右手と左手でV字が別の方向を指していることがよくありますが、これではスイングが安定しません。
 
またネットの記事など、いろんなレッスン情報を見てみると、最近は「ストロング気味」のグリップ推奨することがトレンドになっているようです。
 
「ウィーク気味」を勧めてあることは、私が見た限り皆無です。
 
特に初心者はグリップが安定していないことが多く、スライスも頻発します。
 
どうしてもスライスが出てしまう場合には、グリップをストロング気味にするとウソのようにスライスが収まることもあるようです。
 
タイガーウッズ選手もストロングタイプのグリップを使用しています。
 
スライス対策だけでなく、ストロングだとパワーが溜めやすい、という長所もあります。
 
確かにグリップは個性が出る部分ですが、特にスライスに悩んでいるならグリップをストロング気味にしてみてはいかがでしょうか。