ゴルフ好きの男の子ゴルフでは、道具(クラブ)を独特の握り方で使用します。
 
同じく両手で道具を握る野球とは握り方が大きく違うため、ゴルフ初心者のうちはこの独特のグリップに面食らうことが多いようです。
 
ゴルフのクラブは、バットのように「両手でしっかりわしづかみ」してはいけません。


 
左手は手のひらで握るパームグリップ、右手は指で握るフィンガーグリップが基本です。
 
ただし左手もあまり手のひらで深く握らず、指の付け根あたりにクラブが当たる感じです。
 
右手はその左手の握りをさらに浅くして、「指で握る」感覚でグリップします。
 
このグリップができれば、クラブヘッドの走りを妨げることなく、かつクラブのコントロールも容易になります。
 
このとき右手の人差し指と親指で作るV字型が右肩の方向に向くとストロンググリップ、顔の方向(クラブと平行)を向くとニュートラルグリップ、左肩を向くとウィークグリップといいます。
 
初心者のうちは、ショットしているうちにいつの間にかわしづかみグリップになりがちです。
 
これは反復練習で正しいグリップを身につけるしかなく、握りが正しくなるとショットは格段に良くなります。
 
グリップの方法は、ネット上などを探しても多種多様と言っていいほどいろいろな考え方があります。
 
ウィーク気味、ストロング気味、といった違いは、各人の腕力・握力の違いがあるので、実は千差万別と言っていいかもしれません。
 
ここではごく簡単なグリップのチェック法を紹介します。
 
まずは普通にグリップした状態から直立し、そのまま両手を胸の真正面に持ってきます。(ちょうど剣道の構えのような状態)
 
そのときに手の親指の付け根と手が作るV字型の部分を矢印と考えます。その矢印が両手とも右肩を指すようにグリップするのです。
 
同時にフェースのリーディングエッジが目標への線と直角になっているかもチェックします。
 
そしてグリップはそのままで上体を前傾させ、構えに入ります。
 
グリップの握り方はある程度個性が出ますが、このチェック方法はひとつの目安になるのではないでしょうか。
 

 
もうひとつ、ティーを使ったグリップチェック法も紹介します。
 
まずはティーを1本用意します。
 
いつもやっているようにグリップして、ティーを右手の人差し指と親指が作るV字の根本に差し込みます。
 
自分で差すとティーを意識していつもとグリップが変わってしまうことも考えられるので、誰かに差し込んでもらうと良いでしょう。
 
その後、そのティーの向きを見ます。
 
基本となるグリップができていれば、ティーの向きは右肩とあごの幅の範囲に収まっています。
 
ティーが右肩よりもさらに外側を向いていると、フックボールが出やすくなり、逆にあごよりも左側を向いているとスライスが出やすくなります。
 
グリップにはある程度個性が出るとは言え、ショットがあまりにも安定しないようならチェックしてみてはいかがでしょうか。
 
最後に、正しいコックの形について。
 
フレッド・カプルス選手が正しいコックの形について解説したことがあります。
 
カプルス選手は92年にマスターズを制したベテラン(通算勝利数は46回:07年現在)で、アメリカでも1、2を争う人気選手です。
 
若いときからトッププロとして活躍しており、スイングが美しいことでも知られています。
 
カプルス選手によれば、
 
アドレス状態から手首だけを折って、右側へ腰の高さまでクラブヘッドを上げたときの形がコックの完成形
 
なのだそうです。
 
このときはシャフトは飛球線と平行になり、クラブフェースは正面を向いています(上や下を向いていてはいけません)。
 
この手首のまま、両肩を回してスイングを開始するわけです。
 
このコックを保っていればテークバックも理想的なスクエアになります。
 
テークバック時に、

フェースが閉じた(うつむいたような)状態(この時、左手首は内側に折れて、左手甲が地面を向いている)や、
 
フェースが開いた(上を向いたような)状態(この時、左手首が外側に折れて、左手甲が上を向いている)

を防ぐことができます。
 
フェースが開いたり閉じたりするコックでは、正しいスイング軌道を描くことはできません。