ゴルフ好きの男の子雑誌ゴルフ・トゥデイ2017年12月号に、東京国際大学ゴルフ部・湯原信光監督の記事がありました。
 
湯原監督は通算7勝している現役のツアープロながら、大学でフルタイムの指導を行っています。
 
湯原プロが監督に就任してから、わずか1年足らずで同部はAブロック入りを達成しています。

記事では、いわばアマチュアを指導するプロでもある監督が、アマチュアはどんな練習をするべきかを語られています。
 

 
以下にポイントをまとめて紹介します。
 
(このコンテンツは雑誌GOLF TODAY 2017年 12月号20~21ページを参考にしています)

湯原監督 打つ感覚を磨くべき

いきなり結論から書きますと、湯原監督の主張のキモは
 
もっと”ボールを打つ感覚”を磨く練習をするべき。
 
ということになります。

ごちゃごちゃ考えながら、体を動かしたりしないでしょ?野球やサッカーと同じく、ゴルフもスポーツなんだ。
 
だからこそ”ボールを打つ、クラブを振る感覚”を磨くべき。

なのだそうです。
 
「考えるんじゃない、感じるんだ」とは、まるでクンフーの達人の言葉のようですが、ゴルフにも通じるのかもしれません。
 
湯原監督の考えを、さらに紹介します。

アマチュアの皆さんは、真っすぐ打つこと、良い球が出た時と”同じスイング”を追求することに執着しすぎています。
 
もちろんスイングは大事ですが、コースで結果を出したいのなら、ボールを打つ感覚を磨くべきです。
 
一球ごとに持つ番手やグリップの位置を変え、ボール位置を変えたりしてみてください。コースでは、一球ごとに持つ番手もライも、すべて違いますよね。それを練習場で再現するようなものです。
 
この練習を続けると、ゴルフというスポーツの基本である”クラブを動かしてボールを打つ”感覚が磨かれていきます。ゴルフもスポーツだ、ということを思い出してください。
 
野球でボールを投げるとき、サッカーでグラウンドを走るとき。手足の動かし方をごちゃごちゃと考えず、感覚で動いていますよね?ゴルフも同じです。
 
感覚を磨けば、今よりもっと上手にボールを打つことができるようになりますよ。

ゴルフって他のスポーツと比べて「頭でっかち」になることが多くないですか?
 
野球やサッカーでも頭は使いますが、プレー中のほとんどは「そのボールにいかに対応するか」が瞬時に要求されるので、
 
「このボールにはこう対応して・・・」
 
などと悠長に考える時間はありません。
 

 
対してゴルフは、なまじ”自分のペース”で打てるのと、ボールと接していない時間も長いため、ついつい考えてしまいます。
 
もしかしたら、他のスポーツと比べて”考えない能力”が求められる競技なのかもしれません。

生徒さんが意識していること

以下、湯原監督の指導を受けている生徒さん達の言葉を紹介します。
 
監督の指導信条が反映されているので、アマチュアゴルファーには参考になるのではないでしょうか。

「一球ごとに目標を決めて”動きに意思を持たせろ”と教わりました。それからは、練習場でも常にコースでのショットを思い浮かべながら打っています」
 
「一球一球、打ちたい球筋を具体的にイメージして練習しています。インパクト後、どんな角度でボールが打ち出され、どんな放物線を描くのかというふうに。イメージが具体的なほど、その一球の練習の質が濃くなると感じています」
 
「感覚を活かしてボールを打ちたいので、自然体というか、難しいことを考えずにスイングできるように意識してボールを打つようにしています」
 
「スイングはこうあるべき、といった固定観念を持たないことも大切だと教わったので、色々な打ち方をして、どんなボールが出るかを試したりしています」

管理人としては、湯原監督の指導をものすごくザックリ解釈すると
 
いろいろやってみては?
 
ということではないかと考えています。
 
実はこれに似た考えは以前も紹介していて、

のコンテンツでは、青木プロの「人から意見を聞いたら、とりあえず試してみては?」という主張をとりあげてます。
 
ゴルフ好きの男の子私はこの考え方に共感できるので、湯原監督の「あまりごちゃごちゃ考えず、いろいろやってみる」というのも理解できます。
 
スイングなどに関する知識をある程度仕入れたら、とにかくスイング数をこなして感覚を磨き、その結果自分のスイングが身に着いた、というのが本当のスタイルなのかもしれません。