素振りとヘッドスピード ボールを置いても速く振る

管理人よりお知らせ

・9/1以降、GDOさんへのリンクは切れております 申し訳ありません

・当サイトは移行作業中です 完了までまだ時間がかかりますが今後ともよろしくお願い致します

石川選手素振りの理由と考え方

国内男子ツアー「VanaH杯KBCオーガスタ」の二日目(2010 8/27)、石川遼選手は8バーディーノーボギーの64と完璧なゴルフで単独首位に立ちました。

 

 

この好調を支えたのは、シンプルな素振りトレーニングだったそうです。

 

8/28付けの東京スポーツ新聞の記事から石川選手のコメントを引用します。

 

 

首位になったこの日、何よりも好調だったのは1Wでした。

 

飛距離だけでなく、

 

「ほとんどラフに行かず、フェアウェーばかり歩いていたので、あまり体力も消耗していません」

 

と、コントロールも抜群でした。

 

 

石川選手は前の週に毎日1〜2時間、何百回もの素振りを行っています。

 

1W好調の秘訣はこの素振りにあると言えそうです。

 

 

「ボールをたくさん打つだけじゃなく、ボクは素振りでうまくなってきた。

 

今季は集中的にやる時間を取れていなかったので、やろうと思いました」

 

 

つまりは「ボールを置かないスイング練習」を重視しているわけで、

 

 

「ボールがなければ当てようとも思わないので、普段よりもヘッドスピードが出せる。

 

それを繰り返しているうちに、脳が自分のスイングのスピードを錯覚して、ボールがあっても速く振れるようになるんです」

 

 

と語っています。

 

一般のゴルファーにも参考になる考え方ではないでしょうか。