ゴルフ好きの女の子絶好の花道から!と意気込んで打ったら、なぜかザックリ、という経験はないでしょうか?
 
チャンスと思って打つだけにダメージも大きいこのミスは、何としても防ぎたいもの。

鈴木愛プロは、このミスの防止策として
 
左手甲を目標に向けて、ヘッドを低く出す
 
ように勧めています。
 
(このコンテンツはGOLF TODAY 2017年2月号2017年2月号80~81ページを参考にしています)
 
花道からのショットでは、なまじボールを上げようとして手先を使ったり、手首を返してしまう人がいますが、これはザックリの原因になります。
 
確実にヒットして強い球で転がすには、手首の角度をキープしたまま、左手の甲を目標に向けて振り抜くのがコツです。
 
この際には、左手主導を心がけましょう。器用な右手が”悪さ”をすることなく、手首の角度を保ってスイングできます。
 
また、ヘッドを低く長く出していく意識を持つと、さらに効果的です。決して上げようとしてはいけません。
 
その他、鈴木プロが指摘するポイントを挙げます。

・ボールは右足よりもさらに右に置くくらいでもOK
 
・シャフトの付け根に指がかかるくらいグリップを短く持ち、クラブの操作性を上げる
 
・足は閉じてスタンスし、ボールの近くに立つことで軸ブレを防ぎ、緩まず安定した構えを作る