ゴルフ好きの男の子バンカーショットでは飛距離が最優先事項ではなく、「いかに高く上げるか」「一発で出せるか」がポイントになります。
 
しかし、これらの意識があまり強くなりすぎると、身体の回転への注意がおろそかになることがあります。
 
すると肩が十分回転しなくなり、ダウンスイングでのヘッドスピードが不足してしまいます。

ボールを飛ばすパワーが不足し、一発での脱出が難しくなるのです。
 

 
そこで、バンカーショット前の素振りでは左肩がスタンスの中央、つまり90度回転しているかどうかを確認します。
 
勢いよく飛ばす必要があるなら、特にこの意識は大事です。この確認により、肩を十分に回転させて必要なパワーを確保するのです。
 
バンカーショットでは下半身をドッシリ固定させることが多く、肩を90度回転させるには柔軟性が必要です。
 
いきなり実行するのは難しいかもしれません。
 
それでも、回す意識があればバンカーショットへの対応力が上がります。