ゴルフ好きの女の子前ページの花道なのにザックリ!を防ぐコツまで、小山佳恵コーチのアプローチのコツを、ゴルフトゥデイの記事から紹介してきました。
 
このシリーズは、今回で最後です。
 
(最初のページは小山佳恵コーチ アプローチでのアドレスのポイントです)

最後は、小山コーチオススメのアプローチで突然発生するシャンクを防ぐコツです。
 
(このコンテンツはGOLF TODAY 2016年 8月号36~37ページを参考にしています)
 
そのコツとは
 
右尻を前に出さず前傾をキープする
 
ことです。
 
インパクトで右尻が前に出ると右ひざが伸びて、上体が伸びあがってシャンクが出てしまうのです。
 
女性ゴルファー
 
小山コーチの解説です。

シャンクが出る人に見られる傾向は、インパクトで右尻が前に出て、上体が伸び上がってしまい、ネックに当たるケース。
 
スイング中は前傾角を終始キープすることが大切です。
 
そのためのポイントは、お腹に力を入れて、ややツマ先体重で構えること。
 
その状態をスイング中もキープできれば、右尻が前に出ることもありません。
 
インパクトでもややツマ先体重のイメージを持つと、スイングしやすいのでやってみてください。

ここでひとつチェック法を。
 
構えた時、正面から誰かに軽く押してもらって、後ろによろけるようでは、前傾角が崩れやすいアドレスになっていると考えられます。
 
シャンクを防ぐためのドリルを紹介します。

1 通常の位置に置いたボールと、そこからボール2個分手前にももうひとつボールを置きます。
 
2 通常位置のボールにアドレスします。
 
3 スイングを始め、手前のボールを打ちます。

 
このドリルは、上体が伸び上ると打てないので、アドレスの形どおりに手元を戻す練習になります。右尻が前に流れないように気をつけましょう。
 
手元が通る懐をキープできれば、シャンクせずに正確にヒットできるのです。
 
 
小山コーチのアプローチ講座は以上です。GOLF TODAY 2016年 8月号の記事では、画像つきで解説されています。