ゴルフ好きの男の子きっちりアプローチ&パットで「ナイスパー」で、真野佳晃プロが、バンカーや池を”ふんわり”越えるアプローチのコツを解説されていました。
 
ポイントをまとめて紹介します。

真野プロは、バンカーや池を越えるアプローチでは、「ピンにピタリと寄せる!」と意識するよりも
 
「まずはグリーンに乗せる」
「止まればOK」

 
と考えるべき、としています。ハードルを下げることで、腕や肩の力が抜けて、良い結果につながりやすいのです。
 
真野プロが挙げるポイントは以下のとおりです。
 
◆手首の動きを極力使わず体をターンさせて振る
バンカー越えであっても、よほどのケースでない限り、オープンに構えたり、カットに振る必要はありません。
 
シンプルにスクエアに構え、手首の動きを抑えて体のターンに伴い振るのがベストです。するとクラブの性能も活かせて、多少ダフッでもボールが上がります。コックを使ってクラブを上げるとザックリが増えてしまいます。
 
 
◆右手のヒラの向きを変えずに振り抜く
ボールを上げるアプローでは、打って終わりではなくフェースの向きを変えずに振り抜く必要があります。
 
これを実践するコツとして、右手のひらをフェース面に見立てる方法があります。右手のひらの向きをインパクトからフォローにかけてキープするよう意識するのです。
 
 
◆手打ちを防ぐには頭の残しすぎは要注意
「ヘッドアップを防ぐために、インパクト後もボールのあった位置を見続ける」というアドバイスがありますが、真野プロはこの考えをあまり支持していません。
 
というのも、体の動きが止まって手打ちになるため、かえってミスが増えてしまうのです。
 
打球を目で追うくらいのほうが体もターンしやすく、ソールも滑りやすくなります。
 
 
◆フェースの開き方
ボールを上げようとして、普通に構えた状態から手元を時計回りさせてフェースを開く人がいます。
 
真野プロは「これではいいアプローチはできない」としていて、正しいフェースの開き方として

・まずフェースをスクエアに向けて左手を通常よりウィークに握る

・左手甲を普段の握りに戻す

・最後に右手を添えれば違和感なくフェースを開いて構えられる

 
という方法を勧めています。
 
 
ボールの位置はスタンス中央に置き、フェースを軽く開いて構えたら、ほぼノーコックの緩やかな軌道で打っていきましょう。
 
大抵のケースで目の前のバンカーや池を越せるはずです。