ゴルフ好きの男の子バンカー越えでピンまでそれほど距離がなく、ライが薄芝。ヘッドをボールの下に通しにくい、という状況では、どうしても飛びすぎが気になってしまいます。
 
きっちりアプローチ&パットで「ナイスパー」で真野佳晃プロが、こうした状況で打つコツを解説されていました。
 
以下にポイントをまとめます。

真野プロは、こういう状況で最も大事なのは
 
ヘッドスピードを変えずに振り抜けるかどうか
 
としています。
 
飛ばしすぎを恐れると、ついヘッドスピードを落としたりしがちですが、これはNGです。
 
ダメな理由について、真野プロの解説です。

一番大事なのは、ヘッドスピードを減速させずに振り抜くこと。
 
例えば、ピンまで20ヤードだったら、アマチュアは30ヤード打つトップから、10ヤードを打つヘッドスピードに落として合わせようとする。
 
だからソールの滑りも悪くなってうまく打てないのです。
 
怖さもあるでしょうが、緩めずにしっかり振り抜くことが大切なのです。

具体的な打ち方のポイントを挙げます。
 
・左手を超ウィークに握ってから戻すことでフェースをしっかり開く
 
・ボールは左足寄りに置き、左手首に角度をつけてヘッドファースト気味に構える
 
・わずかに右肩を下げて構え、ボールを上げやすい体勢を作る
 
 
ヘッドファースト気味に構えるということは、ある意味コックした状態なので、バックスイングではその角度を維持してクラブを上げましょう。
 
フェースを開きっぱなしのままで、体のターンを使ってスイングします。フェースはフィニッシュまで常に自分の顔を向いています。
 
飛びすぎを防ぐには、フェースの先端(トゥ)側で打つ意識を持てばOKです。
 
フェースを斜めに使うよりもソールの滑りが良くなり、しかもスピードを緩めずに打っても飛ばないと確信を持ってスイングできます。