ゴルフ好きの男の子雑誌「ゴルフトゥデイ」には、「内藤雄士のゴルフクリニック」という、内藤コーチが一般ゴルファーの悩みに答える連載があります。
 
このコーナーに、
 
「ドラコンは得意だが、ショートアイアンでトップしてOBを出してしまう」
 
というSさんの相談が寄せられていました。
 
です。

(このコンテンツはGOLF TODAY 2018年 3月号58~59ページを参考にしています)
 
内藤コーチがSさんのショートアイアンのスイングを見て、まず指摘したのは
 
まるでドライバーを打っているような力感のスイング
 
ということ。
「ショートアイアンをショートアイアンらしく打てていない」のです。
 
言うまでもありませんが、ショートアイアンで飛距離を求める必要はありません。しかし飛ばすのが得意なSさんは、ショートアイアンでもついパワフルなスイングをしてしまっていたのでした。
 
内藤コーチは、Sさんのスイングについて次のような指摘をしています。

・タメがありすぎる
 
・体が弓なりになって「ヘッド・ビハインド・ザ・ボール」がキツすぎる(アプローチではこれは絶対にNG)
 
・スタンス幅が広すぎる スタンスを狭くして、ボールをもっと中に入れるべき

 
スタンスは狭くして、体を真っ直ぐにして立つためには、いまの右への傾きを直さなくてはいけません。
 
そのためには、自分の右手で右のこめかみを押し、左手で左の腰骨を右方向に押して矯正してみましょう。
 
グリップでは力を入れないように緩く握り、タメすぎない力を抜けたスイングを心がけます。特にドライバーで飛ばした後は、姿勢の矯正と”脱力”を忘れないようにしましょう。
 
アドレスを直せば、いい意味で力感がなくなり、アッパーブロー気味だったスイングもコンパクトになってきます。
 
これでトップもなくなり、オーバー&OBもなくなります。