ゴルフ好きの男の子アドレスを作る際、「足の位置」と「フェースの向き」のどちらから決めるのが正しい?という主旨のコンテンツを以前作成しています。
 
樋口久子プロ 正しいアドレスの作り方
 
この中では、樋口プロの「アドレスでは、まずフェースの向きから決めるのが正しい」というアドバイスを紹介していますが、実はこの記事を書いた以後も消化不良のままでした。

頭では「フェースからが正しいんだろうなぁ」とはわかっていても、相変わらず足からアドレスすることもありますし、(上のコンテンツ内で書いているように)時々フェースから、というやり方を続けていたのです。
 
周りの人に聞いても、「そんなに難しく考えず、自分がやりやすいやり方でいいんじゃない?」という意見が大半です。
 
確かにそうなのでしょうが、私としてはイマイチ納得できていないというか、スッキリしませんでした。
 
アドレスに入る女性
 
ずっとモヤモヤしていたのですが、先日読んだ「GOLF TODAY」 2016年5月号に、このモヤモヤを晴らしてくれそうな、核心ズバリの記事がありました!
 
北野正之プロによる「アイアンのボール位置 新セオリー」という特集です。アドレスの手順や決め方、ボールの位置などを北野プロが解説されています。
 
ポイントをまとめて紹介します。
 
 
北野プロが提唱する、正しいアドレスの手順は以下のとおりです。

1 まず両足を揃えて立つ
 
2 ヘッドをポンと置く
 
3 グリップエンドがへその左を指すように握る
 
4 左足→右足の順で開く
 
5 アドレス完成

 
ボールと体の位置を決めるには、いつも同じルーティンでアドレスに入ることが重要です。そして両足を閉じて構えに入るのも大きなポイントで、これにより毎回適正なポジションでアドレスできるようになります。
 
各プロセスを詳しく解説します。
 
 
1 両足を揃えてアドレスに入る
まずは両足を閉じて、体の前面を飛球線方向に平行にしてボールと正対します。
 
両足を閉じた時に作った体のバランス、重心位置のままアドレスしましょう。
 
両足を閉じてアドレスに入るのは、次のような理由があります。

・重心の動きがわかりやすいので、体の前後のバランスをとりやすい
 
・ボールの位置も一定になりやすい
 
・両足を広げてのアドレスでは、重心の位置もボールの距離もあいまいになる

 
アドレスでは、足を広げてから動作に入るゴルファーが多いはずです。
 
足を閉じてのアドレスでは、最初戸惑うかもしれませんが、「アドレスに問題があるんじゃないかな?」と疑問を感じているなら試してみてはいかがでしょうか。
 
次のページでは、2の「ヘッドをポンと置く」以降のプロセスを紹介します。