ゴルフ好きの男の子横田真一プロの著書「プロゴルファーがやっているスコア作りのコツ!」を読んでみました。
 
この中で、バンカーショットのコツとして
 
バンカーショットの三つの秘訣と、ある「イメージ」
 
が解説されていました

このコンテンツでは、同書の126~137ページを参考に、横田プロが考えるバンカーショットのポイントをまとめます。

「出ない」のも「飛びすぎ」も同じ理由

バンカーのミスといえば、
 
・出ない
・飛びすぎ(ホームラン)
 
のいずれかです。
 
一見すると真逆の現象ですが、横田プロは「この二つのミスは同じ原因から起きる」としています。
 
その原因とはヘッドのスピード不足です。
 
つまり、バンカーにおけるこれらのミスを防ぐには速く振ることが大事なのです。
 
横田プロは、「バンカーショットはヘッドスピードが命」としていて、スパッと振れるかどうかが成否のカギを握る、と強調しています。
 
ヘッドスピード不足が、なぜ「出ない」「飛びすぎ」と、正反対のミスを招くのでしょうか?
 
横田プロの解説は以下のとおりです。

バンカーでは振りが遅いと「出ない」し「飛びすぎる」

まずは「出ない」原因から。

バンカーで恐る恐るクラブを振ると、ヘッドスピードが足りなくなり、ヘッドは砂に潜ったままになります。
 
砂ごとボールを飛ばす勢いが無くなってしまいます。
 
ドスッと砂を叩くだけで振りきることができないので、ボールはバンカーから出ません。

これはわかりやすいですよね。単純に、ヘッドが砂に埋まってボールをヒットするエネルギーが足りないのです。
 
それでは、どうして「飛びすぎ(ホームラン)」になるのかというと・・・

ボールの手前にヘッドが下りても、スピードが不足していると砂に弾かれてバウンドしてしまいます。
 
つまりヘッドが砂に潜りこむ勢いがなく、バウンドしたヘッドのリーディングエッジでボールを叩くのでホームランになるのです。

ヘッドが砂に全く潜らず、「カーン!」とボールを直接エッジで叩いてしまうわけです。
 
これは、砂質が硬いバンカーで頻発するミスです。逆に砂質が軟らかいと、ヘッドが潜り込んで「飛ばない」ミスが増えます。
 

 
つまり、ヘッドスピード不足はいずれの砂質でもミスを招くのです。
 
速く振るためのコツは、何よりも怖がらないことです。

バンカーショット成功のポイント3つ

とはいえ、(管理人も含めて)バンカーショットで躊躇なくスパッと振るのはなかなか難しいもの。
 
そんなゴルファーに、横田プロはこのようにアドバイスするそうです。

とにかく怖がらないことです。
 
いいですか、1センチのダフりでも、15センチのダフりでも、フェースを開いて速く振っていれば、結果はそんなに変わりません。
 
これは本当のことで、バンカーの中では打ち込む場所を10センチ以上もミスしていいんです。
 
だから、バンカーショットはぜんぜん怖がる必要がないんです。

フェースを開いて速く振りさえすれば、仮に10センチ以上手前に打ち込んでも、ピンにわずかに届かない程度で致命傷にはならないのです。
 
横田プロが考える、バンカーショット成功のポイントは以下の三つです。
 
・フェースを開く
・手前の砂をダフる
・速く振る

 
フェースは「自分が打ちやすいように開けばよい」そうです。

バンカーショットでのオススメ「目玉焼き」イメージ

横田プロには、バンカーから打つ際の”とっておきのイメージ”があります。
 
バンカーショットが上手くなるという、そのイメージとは
 
目玉焼きを飛ばすイメージ
 
です。
 
目玉焼き
 
ボールが目玉焼きの黄身の部分、その周りの砂が白身部分と考えるのです。この目玉焼きを飛ばすイメージでバンカーショットを打つのです。

目玉焼きを飛ばすとなれば、クラブフェースを「フライパン返し」のように開いたほうがいい感じになりますよね。
 
それに白身ごと飛ばすのですから、ボールの手前を自然にダフって打ちます。
 
そして、目玉焼きごと飛ばすとなれば、思い切って速く振るしかないでしょう。

ゴルフ好きの男の子次のラウンドでのバンカーショットでは、三つの秘訣と目玉焼きのイメージを意識してみてはいかがでしょうか。
 
さらに詳しい解説は、実際に本を手にとってみて下さい。とても役に立ちますよ!