ゴルフ好きの男の子前ページルーク・ドナルド選手アプローチのスイングの注意点からの続きです。
 
このページでは、ドナルド選手のバンカーショットについて紹介します。
 
このコンテンツはGOLF TODAY 2016年 9月号60~63ページの記事を参考にしました。記事では写真付きで解説されています。

ドナルド選手のバンカーショットスイングはかなり個性的で、日本で知られている常識とは違うかもしれません。
 
というのも、ゴルフトゥデイの記事写真を見た私の第一印象は、
 
ボールがかなり左だなぁ
 
だったのです。
 

 
ドナルド選手の場合、バンカーショットのアドレスではボールを左足の前に置きます。
 
記事の解説によると・・・

砂の抵抗に負けじと球を右に置いて打ち込む人がいるが、それは間違い。ヘッドが突き刺さって脱出できない。

・・・なのだそうです。
 
この時のスタンスは、ドライバーショットと同じくらいをイメージします。肩幅よりも少し広めにとることで、足場が安定します。
 
その広さでスクエアに構えたら、
 
・左足を半足分後ろに下げてオープンスタンスに
・さらに左足つま先をわずかに左に向けて開き、振り抜きやすくする

 
手の位置もドライバーのイメージでOKです。手首は折らず真っすぐをキープしましょう。
 
それにより、左足前に置いたボールに向かってシャフトまでが一直線になります。
 
手元を中に入れ過ぎると、腕とシャフトの間に角度ができて(一直線にならず)インパクト時に狂いが生じやすくなります。
 
 
フェースは、「上に砂が乗せられるイメージで」しっかり開きます。
 
フェースを開くことでバンスが効いて、ヘッドが砂に潜りこまず、スムーズに振り抜けます。
 

 
それからグリップします。
フェースを開いて→グリップの順番を守りましょう。
 
構えができたら、いよいよスイングです。
 
ドナルド選手が考える、バンカーショット最大のポイントは
 
体の回転を使って、大きなスイングをすること。手先で上げようとするのは絶対ダメ!
 
です。
 
解説を補足します。

「バンカーになると、つい手先で上げようとするアマチュアは多いもの。左に球を置いて構えたら、あとは思い切って左に振り抜くだけでOK」
 
「砂の抵抗があることと、フェースを大きく開いているぶん、大きく振っても球が飛びすぎることはない。思い切って腰、胸を目標に向けるように体を回転を使って振り抜こう」

スイングのイメージは「払い打ち」です。ヘッドを低く出していく意識を持ちましょう。
 
練習する機会があるなら、ボールの先の砂をサッと取るドリルがおすすめです。
 
 
手首のコックは意識しません。腰、胸を目標に向けるように、体の回転を使って振り抜きましょう。
 
繰り返しになりますが、手首でしゃくり上げるような動作はダメです。
 
冒頭に書いたように、ドナルド選手のバンカーショットのアドレス等は、日本で流布されている方法とはちょっと違うかもしれません。
 
しかし改めて書くまでもなく、ドナルド選手はPGAツアーと欧州ツアーで賞金王を獲得した(2011年)トッププロです。
 
しかも体格は175cm72kgと、日本人とあまり差がありません。いわゆる「小技」で勝つゴルファーなのです。
 
※参考
ルーク・ドナルド選手 飛ばしよりパットの精度
 
アプローチ・バンカーショットにおけるドナルド選手の心がけは、一度は試してみる価値があるのではないでしょうか。