ゴルフ好きの男の子吉田栄太コーチは、「フワっと上げるアプローチ」にはゆったりしたスピードのスイングが必要としています。
 
速く振り過ぎると上手く上がらなかったり、ボールの勢いが強すぎたりするのです。
 
そのスイングスピードを身につけるため、吉田コーチは

右手1本でのスイング練習
 
を勧めています。
 
ヘッドの重さを感じながら、地面をポンと擦るくらいの強さで素振りしてみましょう。これは夏のラフなら芝に負けてしまう程度のスピードです。
 
しかし実際には、左手を添えてフィニッシュも大きめにとるので芝には負けない、といったイメージです。
 
バックスイングからダウン、フォローまで同じ速度で振るように心がけましょう。
 
フィニッシュを大きくするのは、ヘッドスピードが遅くても、大きく振ればボールは上がって前に飛ぶからです。同時に、インパクトの緩みも防げます。
 
フィニッシュが小さいとボールが上がらず、バックスイングで距離感を作ろうとするので緩みやすくなります。
 
 
この練習を続ければ、下り傾斜やエッジからピンまでの距離が短い時などにフワリと寄せられるようになり、”寄せワン”も増えます。