ゴルフ好きの男の子バンカーショットのアドレスについては、記事によって主張が違うケースがあります。
 
例えばスタンスやフェースは、一般的には「開く」と説明されていますが、ネット上には「いずれもスクエアに」としているコンテンツもあります。
 
情報を受け取る側からすると迷ってしまうわけですが、いずれも一理あって紹介されているわけで、自分に合うやり方を取捨選択する必要がありそうです。

このコンテンツでは、ALBAの「きっちりアプローチ&パットで『ナイスパー』」から、中嶋常幸プロのアドレスを紹介します。
 

 
中嶋プロがアドレスでチェックするポイントは以下の4つです。解説も併記します。
 
(このコンテンツは、きっちりアプローチ&パットで「ナイスパー」の28~29ページを参考にしています)
 
 
1 ボール位置は心臓の真下
 
正面から見て心臓の真下にボール(心臓の直下という意味ではありません) よほどの傾斜でない限り、この位置が基本
 
・ボールの位置を決めることで砂を取れる量の基本ができ、距離感も作りやすくなる ショットごとに位置を変えるのは、プロでも難しい
 
・他とは違うショットが必要なバンカーだからこそ、シンプルに考える
 
 
2 フォローの手元が邪魔にならないようスタンスを開く
 
・どれくらい開くかは、状況によって変わるので一概には言えない
 
・ただし、「フォローで手元が邪魔にならないように開く」という基準はあるので、振り抜きやすいように開けばOK
 
 
3 フェースは45度開く
 
・フェースはスクエアの状態から45度開く これが基本になり、この開き方でどれだけ飛ぶかの基準を作る
 
・フェースを開くのは、バンスを使うためでもある バンスを使えば、砂も上手く取れる 
 
・フェースを開くほど、バンス角は大きくなるのは意識しておくべき
 
 
4 腰を落として構える 
 
・バンカーショットのアドレスでは特に重要
 
・フェースを開いて構えるので、腰が高いとフェース面が右を向き過ぎてしまう
 
・腰を落として構えると、フェースを開いても右への飛び出しを防げる
 
・安定性も増すので、足場が不安定なバンカーでも軸がブレず、ザックリやトップなどのミスが激減する
 
 
バンカーショットでのボールの位置は「左かかとの延長線上」とする記事が多く、中嶋プロのやり方と少し違いがあります。
 
いずれも試してみて、自分に合う方法を採用して下さい。