ゴルフ好きの男の子別のコンテンツ「樋口久子プロ 正しいアドレスの作り方 まずはフェースを合わせる」で、
 
「アマチュアはアドレスで右を向きやすい」
 
と紹介しました。

アドレスする女性
 
これは、ゴルフ雑誌「ALBA」2015年11/12号の記事を参考にしたコンテンツなのですが・・・
 
同じ「ALBA」の別の記事には「パッティングでは左を向きやすい」とあったのです。
 
つまりアマチュアゴルファーは、パットまでのショットは右を向きやすく、パットでは左を向きやすいと解釈できるのです。
 
(このコンテンツは、ゴルフ雑誌ALBA 2015年11/12号176~177ページを参考にしています)
 
やや混乱を招きそうですが、ALBAの記事を参考に、パットで左を向きやすい理由をまとめると以下のとおりです。

・パッティングでは、目標を確認するために顔を左に向ける動作を繰り返す
 
・これが続くと自然に右肩が出てきて、それが当たり前になる
 
・すると右肩が「かぶった」状態がクセになり、アドレスが左向きで固定し、スクエアな姿勢ではなくなってしまう

それでは、これを矯正するにはどうすれば良いのでしょうか?
 
「ALBA」の記事では「左打ち」、つまりレフティでのパッティング練習を勧めています。
 
やり方は簡単です。
 
・カップまでの距離は2mにする

・右打ち用のいつも使っているパターをひっくり返して左打ちに構え(グリップも普段とは逆)、ヘッドの先で打つ

・もちろん遊び半分ではなく、真剣にカップインを狙う
 
右打ちと真逆の動作になるので、アドレスのゆがみが自然と矯正されるわけです。
 
この練習法は、左目偏重を是正する効果もあります。
 
右打ちではアドレスでもストロークでも、知らない打ちに左目を使うことが多くなります。これも身体の「かぶり」を招きます。
 
また、ヘッド先の狭い面で打つため、ストローク軌道の改善にも役立ちます。
 
別コンテンツ杉原輝雄プロの筋トレ・片山晋呉プロのトレーニングでは、片山晋呉プロが左打ちでラウンドする件を紹介しています。
 
片山プロは、主に健康面の理由から、身体のゆがみを解消する目的で左打ちを行っているようですが、それは同時にスイング改善効果も得られているのは間違いありません。
 
パット練習
 
片山プロはレフティでラウンドしても80台で回るそうですが、アマチュアが左打ちのクラブ一式を揃えてプレーするのは難しいものがあります。
 
そこで、左打ちのドライバーとアイアン一本を使って、打ちっ放しで練習してはどうでしょうか。
 
また、上で紹介した左打ちのパッティング練習は、自宅のパターマットでもできます。
 
もちろん最初はまともに当たらず、とんでもないところに飛ぶでしょうが、それは言い換えるなら右打ちに極端に偏っていることの表れです。
 
気分転換くらいの軽い気持ちででも左打ちを試してみれば、新しい発見があるかもしれません。