ゴルフ好きの男の子ドライバーやアイアンと違い、パットではフォームがチェックされることはあまりありません。
 
「パットに型なし」という言葉もあるようですが、パットにも基本とされるフォームはあります。

いわゆる「五角形」と呼ばれる形です。

・ボールの真上で自分の腕が最も動きやすい場所に立つ
 
・ボールは両目の真下、体の中央に置く
 
・両ひじはわずかに曲げ、正面から見て腕が野球のホームベースのような五角形になる

 
これらはあくまで目安であり、各自でやりやすい方法に修正するケースはいくらでもあります。
 
自宅でパットの練習をする際、鏡でチェックしてみてください。
 
ボールとグリーン
 
続けてパットでのスイングのポイントを。
 
パットのインパクトの際、スイングを止めてしまうことはないでしょうか。
 
インパクトで止めるクセがつくと球の転がりが悪くなり、振りのブレが起きたりパンチが入る(意図せず強く打ちすぎてしまう)リスクが上がってしまいます。
 
そこで、パットの際は
 
「フォローはテークバックの2倍とる」
 
ことを常に意識してみてはどうでしょうか。
 
これはロングパットでもショートパットでも同じです。
 
もちろん「テークバックが20cmだったのでフォローは絶対に40cm」などと厳密に考える必要はありません。
 
あくまで目安として頭に入れておきます。
 
スイングにおいて
 
バックスイング:フォロー=1:2
 
を意識することはそれほど難しくないはずです。
 
これを心がけると、ウソのようにストロークがスムーズになることがあります。
 
同時に球の転がりも良くなるため、ショートパット・ロングパットいずれも「大外し」は少なくなるはずです。
 
パットが極端にショートする、あるいはパンチが入ってオーバーする、さらには「短いパットが意外と苦手」という場合は一度試してみてください。
 
パット練習する女性
 
パッティングについてもうひとつ。
 
パッティングにおける手の役割は、一般に次のように考えられています。
 
・左手が方向をコントロール
・右手がタッチと距離感をコントロール
 
最も多く用いられているグリップである「逆オーバーラッピンググリップ」では、右手が下になり、左人さし指を右小指の上に置きます。
 
このグリップでパットを打っていると、右手の感覚が強くなり、微妙な距離感も感じられるようになります。
 
ただし、右利きのゴルファーが多いこともあり、右手が強くなりすぎると、肩でなく手首で打つストロークになってしまう可能性もあります。
 
そのため、左手を下にするクロスハンドグリップで打つプロもいます。
パットでのクロスハンド(逆手)グリップについて
 
また、両手の親指を真下に向けておくと手首打ちを防ぐ役に立ちます。