ゴルフ好きの男の子ヘッド軌道とボールの出方の基本的なことについて、「植村啓太のスマートゴルフ 絶対突破100の壁 90台を目指す!」からポイント部分をまとめます。

すでによく知られたことかも知れませんが、おさらいのつもりでご覧下さい。

ボールの出方と曲がり方が決まる要素

ゴルフの球筋には9種類あります。 
 
ボールが目標に対して
 
・まっすぐ出る 
・右に出る 
・左に出る
 
の三種類です。 
 
そしてそれぞれがまっすぐ、右に曲がる、左に曲がるの変化があるため合計9種類になります。
 

 
ボールの出方(出玉)はどのように決まるのでしょうか?
 
その答えは「ヘッドの軌道」です。
 
・ヘッドがアウトサイド(自分よりも遠い側)から入るとボールは左へ出ます
 
・ヘッドがインサイドから入るとボールは右へ
 
・ヘッドがまっすぐ入るとボールもまっすぐ出る
 
ということになります。
 
では、出球後の曲がりは何で決まるのでしょうか? 
 
その答えはフェースの向きです。
 
曲がると言うことは、ボールにスピンがかかっているわけです。スピンの方向は、フェースの向きで決まります。
 
フェースが開いて当たるとボールは右に曲がります。 閉じて当たると左に曲がるのです。 
 
ということで、先の「ヘッドの軌道」と組み合わせて考えてみると・・・

インサイドからヘッドが入ってフェースが閉じて当たると、出球は右、曲がりは左 
 
まっすぐ入ってフェースが開いていたら、出球まっすぐ、後右に曲がる

・・・といった感じになります。
 
球の出方と曲がり方の原理を頭に入れておけば、自分の球質がどのようなものか、なぜその球が出るのか、の理解も深まりますし、もちろん打ち分けもやりやすくなります。
  
ある程度の球筋はクセとも、特徴とも言えますが、あまりにひどい場合は矯正が必要になってきます。
 
次のページに続きます。