ゴルフ好きの男の子「ゴルフのスイングでは力みがあってはいけない」とよく言われますが、石井忍コーチは
 
「左わきだけは力んでも良い」
 
と指導されています。

左脇をギュッと締めたままスイングするとグリップの力みが抜けて、バックスイングとダウンスイングのスピードが同じになり、テンポが乱れないのです。
 
トップ以後のスイングで、
 
・飛ばそうと力んでしまう
・当てに行こうとしてグリップがゆるんでしまう
 
のであれば、スイング中ずっと左脇をギュッと締めるよう意識してはどうでしょうか。
 
曲げないためのコツ二つ目。
 
両ひじを腰骨に向けておく
 
バックスイングでフェースが閉じたり開いたりしていると、インパクトでスクエアにヒットさせるのは極めて難しくなります。
 
インパクトでスクエアに当たる状態とは、胸の前でグリップし、そのままクラブを下におろした状態とイコールです。
 
このとき左ひじは左の腰骨、右ひじは右の腰骨を指しています。
 
つまり、両ひじが腰骨に向いた状態でバックスイングすれば、グリップが腰の高さに来た時点でトゥが上を向き、インパクトでもスクエアを保ちやすくなります。