ゴルフ好きの男の子このコンテンツでは、様々なミスショットの原因をまとめています。

ミスになる原因はここで挙げているものだけではありませんが、まずは代表的な以下の要因をチェックしてみてはいかがでしょうか。

右に曲がる原因「当てにいく」「頭が早く上がる」

ダウンスイングで当てにいってグリップがゆるむことってありませんか?
 
トップに上げるまでは一定のテンポでスイングできても、ダウンスイングで当てにいく意識が強くなるとグリップがゆるみ、スイングのスピードが遅くなります。
 
するとフェースが開いて打球は右に曲がってしまいます。
 
スイングを通してグリップの力は一定に、バックスイングとダウンスイングのスピードを同じにしなくてはいけません。
 
そして、
 
ダウンスイングで頭が早く上がることはないでしょうか?
 
ボールの行方が気になったりして頭が早く上がると身体が開き、振り遅れてしまいます。
 
するとフェースが開き、ボールが右に曲がるのです。
 
これを防ぐためには、ボールを見続けるクセをつけなくてはいけません。
 
右肩がアゴに触れるまで頭を上げない、くらいの意識を持ってOKです。
 

左に曲がる原因「力んだグリップ」「体の回転停止」

ダウンスイングでグリップが強くなりすぎることはないでしょうか?
 
トップまで上げるバックスイングではリラックスしていても、ダウンスイングで急に力が入ってしまう、というゴルファーは意外と多いようです。
 
これは飛ばそうとする意識が働くためで、自然とグリップにも力が入りがちになります。
 
強すぎるグリップは、手元が返りすぎるので左に曲がる原因になります。
 
そして・・・
 
体の回転が止まって、手打ちになっていないでしょうか?
 
体の回転が止まって手打ちになると、フェースが閉じて入ります。
 
回転を止めないポイントのひとつに、ダウンスイングで左足かかとに踏み込んでいく方法があります。
 
つま先ではなくかかとなのがミソです。
 
これを意識すると体重移動もスムーズになり、かつ体の回転も止まりません。
 
ティーとボール

右に出る原因 強すぎるインサイド軌道とノーコック

スイングのインサイド軌道が強いと、ボールが右に出てしまいます。
 
インサイド軌道は一般に好ましいとされますが、あまりに強いとボールが曲がる原因になります。
 
インサイド軌道が強くなりすぎる原因のひとつは、ノーコックでクラブを上げることです。
 
これでは切り返しで余分な力が入りやすくなり、シャフトが寝てしまいます。
 
適度なコックはトップをコンパクトにし、切り返しがスムーズになります。
 
オンプレーンスイングを助けてくれるのです。
 
自分で意図しなくとも、スイングでノーコックになっている場合もあります。あまりにもボールが右に出るなら、コックの有無を確認してみましょう。
 
それでも右に出るなら、肩をタテに回していないかをチェックしましょう。
 
肩をタテに回すと、トップの位置は当然高くなります。
 
するとクラブは寝て入りやすくなり、インサイド軌道が強くなってしまいます。
 
アドレスの前傾姿勢を保ったまま水平に肩を回すイメージを持てば(実際には水平ではありませんが)、ちょうど良い軌道になります。
 
女子ゴルファー

フックやプッシュの原因 コックのほどけ

コックが早くほどけてしまうとフックやプッシュになります
 
ショットが曲がるのは、クラブヘッドが理想的な軌道にのっていないだけが原因ではありません。
 
軌道以外の最も大きな間違いのひとつは、手首のコックが早くほどけてしまうことです。
 
釣りのキャスティングのようにコックが解けてしまうと、手首だけで振るスイングになってしまいます。
 
※片手で竿を扱う釣りでは、手首だけで竿を振って仕掛けを投げる(キャスティング)ことがあります
 
手首だけのスイングは、インパクトでフェースがかぶったり開いたりしてしまいます。
 
ショートアイアンでは特にこの傾向が顕著になります。

テンプラ・吹きあがりになってしまう

スイングのダウンブロー軌道が強すぎると、テンプラ・吹きあがりが出やすくなります。
 
これは打点がフェースの上部にずれているためです。
 
この場合、スイングの最下点がボールよりも先にあります。
 
スイングがアウトサイド・インだと、ダウンブロー軌道になります。
 
よって、インサイド・インに振って、レベルブローを心がければ、安定した飛距離が出るようになります。

トップ・チョロになってしまうインサイド・アウトスイング

アッパースイングになりすぎるとトップが出やすくなります
 
スイングのアッパー軌道が強すぎると、トップやチョロが出やすくなります。
 
これはアッパーが強すぎると打点がフェースの下部にずれるためです。
 
この場合、スイングの最下点がボールよりもずっと手前にきています。
 
スイングがインサイド・アウトだと、アッパー軌道になります。
 
よって、インサイド・インに振って、レベルブローを心がけなくてはいけません。
 
これにより、安定した飛距離が出るようになります。