スイングのアウトサイド軌道が強いと、打球は左に出てしまいます。
 
スイングがアウトサイド軌道になっていないかどうかをチェックするポイントのひとつに、右肩があります。
 
右肩が前に出ていないでしょうか?

右肩が出ているとスイングはアウトサイドに上がりやすくなります。
 
右肩を引いてちょっと下げて構えると、インサイドに引きやすくなり、肩の回転もフラットになります。
 
また、肩や腰は目標に向けたまま、右足をボール1個分くらい後ろに引いてクローズスタンスにすると、クラブをインサイドに引きやすくやります。
 
ショットがどうしても左に出るなら、試してみてください。