ゴルフ好きの男の子「右側に打ちたくない」「スライスをかけたくない」と思うほど、右に飛んでいく、という経験はないでしょうか。
 
右に飛ばさないよう意識すると、かえって右に飛んでしまう理由のひとつに
 
「右に打ってはいけないという気持ちがあるため、インパクトで無意識のうちにヘッドを左に引いてしまっているから」
 
が考えられます。

ヘッドを左に引いてしまうとスイングがアウトサイド・インの軌道を描いてしまうため、打球にスライススピンがかかってしまうのです。
 
それを防ぐため、次のような素振りを試してみてはどうでしょう。

・まずはクラブを左手1本で持ち、右手で左ひじを押さえる
 
・そのまま体の前で小さくクラブを振ってみる

 
この方法で素振り練習では、ヘッドがインパクト近くまで振り下ろされてくると左ひじから先がくるっと回って、イン・ツー・インの正しい軌道に自然と戻ります。
 
これは右手で左ひじを動かさないように押さえているためで、実際のショットでも、左ひじを右手で押さえている感じを残したままスイングしてみましょう。
 
するとヘッドを左へ引っ張る動きがなくなり、打球は理想的なドロー気味の球筋で飛んでいくのです。

植村啓太コーチ スライスの原因フェースの開きチェック法

フォローでフェースが開くと、スライスが出やすくなってしまいます。
 
植村啓太コーチによると、フォローの時点で、ある箇所をチェックすると、フェースが開いていたかどうかが判断できるそうです。
 
それは
 
フォロー時点での顔と手の距離
 
です。
 
プロのスイング画像を見るとわかるように、フォローでは手と顔が離れています。
 
意識して離しているようにも見えるほどです。 
 
手と顔が近づいてしまうとフェースが開きやすくなるのです。
 
また、スイングで右足かかとの上がりが早いのも、フェースの開きを招きます。
 
よって、フォローでのフェースの開きがどうしても改善できない場合は、フォロースルーでもあえてベタ足を意識してみるのも良いかもしれません。
 
スライスが直らないなら、フォロースルーでは顔と手を離し、同時にベタ足の二つを意識してみると改善へのヒントがつかめるのではないでしょうか。