左に出て左に曲がる「プルフック」が出た場合、どのように対処するでしょうか?
 
・スイングをインサイドアウト気味にする
・スタンスを右に向けてスイング軌道を右方向に調整する

 
と意識するゴルファーは多いのではないでしょうか。
 

しかしD理論では、これらは必ずしも正解ではありません。
 
なぜならこれらの対処は、スイング軌道がボールの打ち出し方向に強く関わっているという誤解に基づくものだからです。
 
D理論では、スイング軌道よりもフェースの向きを重視します。
 
そのため、スイング軌道がインサイドアウトであってもフェースが閉じ気味なら、ボールはいつまでも左に出ます。
 
ゴルフダイジェストオンライン(GDO)さんには、D理論に基づくフック解消法コンテンツがあります。
 
青山充コーチが具体的な修正点を解説されています。
 
「フックがどうしても直らない」というゴルファーは、参考にしてみて下さい。
 ↓ ↓ ↓
フックの正しい対処法 ~Dプレーン理論でスッキリ解決~