ゴルフ好きの男の子前ページフェアウェイからのアイアンでボールを上げるにはでは、フェアウェイからのアイアンで高いボールを打ち出すポイントを挙げました。
 
このページでは、低いボールの打ち方を紹介します。
 
「フェアウェイだけど、木の枝が目の前に張り出していてる」といった場面で使うショットですね。
 
GOLF TODAY 2017年 2月号36~37ページから、片岡大育(だいすけ)プロの解説を抜粋しています。

低めに打つポイントをまとめると、
 
重心は低めにしてコンパクトなスイング
 
ということになりそうです。
 

 
それを実現するために、片岡プロがまず挙げているのはこちら。
 
■クラブを短く握る(グリップを2.5cm余らせる)
 
 
以下で重心の低いアドレスを作るので、それに対応するため短く持ちます。
短く握ったら・・・
 
■スタンス幅は少し広めに
■オープンスタンスにする
■重心を落としてアドレス(もしくは左足に多めに体重をかける)

 
ちなみに前回の「ボールを上げる」場合、「重心はどちらかというと右足体重」でした。
 
ボールの位置も少し変えます。
 
■ボールの位置は右足寄りにする
オープンスタンスにするとボールは左足寄りになりがちなので注意しましょう。
(前回の「上げる」場合は左足寄りでした)
 
■インパクトではアドレスの形を再現する(重心は下げたままをキープ)
打ち込む意識は必要はありません。低めのトップから低めのフィニッシュを心がけましょう。
 
 
片岡プロの解説です。

フェアウェイから低い球を打つ場合、ボールの位置を右足寄りにして重心の低いアドレスを作りましょう。
 
普通に立つと重心は下げづらいので、スタンス幅を少し広くし、なおかつオープンスタンスにします。
 
ボールが右にあると打球が右に飛びやすくなりますが、オープンにすることでそれを防ぐ効果も見込めるのです。
 
重心を下げるぶん、クラブも短く持ちましょう。
 
このアドレスができたらスイングはいつもどおり。短く握っているぶん、自然とコンパクトなスイングになります。
 
大振りすると重心が上に上がって曲がる原因になるのです。

低弾道はアゲインストの風の時にも使えます。
 
以上のポイントをおさえて、練習場でも試してみて下さい。
 
次のページでは、ラフからボールの高低を打ち分けるポイントをまとめます。