ゴルフ好きの男の子スイング中には曲げてはいけない関節と、伸ばしてはいけない関節があります。
 
たとえば右ひじは、早く伸ばしてはいけない関節です。
 
ダウンスイングでは右ひじを伸ばしてはいけません。右ひじはインパクトを過ぎてから伸ばします。

対して左ひじは曲げてはいけません。
 
手首もできるだけ同じ形をキープします。こうすれば自然にレートヒットが可能になるのです。
 
特殊なアプローチ以外は、インパクトまで左手首は常にクラブヘッドよりも飛球方向にあって、クラブヘッドをリードする形になります。
 
バンカーショット
 
手首に関連して、キャスティングスイングの話題を。
 
キャスティング・スイングとは、ダウンスイングで手首を使ってクラブを振り下ろす動作のことです。
 
キャスティング・スイングには以下のような欠点があるため、すぐに修正する必要があります。
 
・パワーを溜めたスイングができない
・スイングの軌道がアウトサイドインになりやすい
 
バックスイングでコックされた両手首は、インパクトの直前までは固定されなければいけません。
そのために、
 
「右手首の甲側に寄ったシワを消さないよう、コックを保ってダウンスイングする」
 
ように心がけてはどうでしょう。
 
もしキャスティングするクセがついていたら、握っている左親指をシャフトから離し、右手甲の小指の下側を左親指の背で押さえつけて素振りをすると良いでしょう。
 
この練習でキャスティングが矯正されます。
 
 
もうひとつ、関節を伸ばすコツを。
 
スイングのインパクトでは、左腕は真っすぐになっていなければいけません。左ひじが曲がってしまうと、様々な弊害が起きてきます。
 
まずは、ヘッドスピードが落ちてしまいます。
 
左ひじが曲がると遠心力を十分に利かせられません。
つまり、飛ばなくなるのです。
 
そしてヒジが曲がるとヘッドの軌道がブレてしまいます。
 
ボールは当然真っすぐには飛んでくれません。
 
 
ちょっと考えてみてください。
 
アドレスや素振りの時に、左ひじが曲がっているでしょうか?
曲がっていませんよね。
 
それなのにインパクトでヒジが曲がっているということは、どう考えてもアドレスや素振りでのイメージ通りの軌道は描けていないはずです。
 
ドライバーショット
 
それでは、左ひじを伸ばしたまま保つためには、どのようなイメージを持てばいいのでしょうか?
 
まずおすすめしたいのは「左肩から先は一本のクラブ」というイメージを持つことです。
 
クラブなので、左肩からクラブヘッドまでは当然ビシッと一直線になるはずです。
 
まず、バックスイングでの左腕は伸びていなくてはいけません。
 
その理由には次のようなものがあります。
 
・左ひじが大きく曲がっているとスイングの弧が小さくなり、遠心力が弱くなる
→飛距離が落ちる
 
・左ひじが曲がっているとクラブヘッドが正しい軌道から外れやすくなる
→スイングプレーンからずれてしまう
 
 
つまり、左ひじを伸ばしておくことは飛距離・方向で好ましい結果を得るために必須と言えるのです。
 
ただし、インパクト以後と違い、バックスイングでは体の柔らかさが関係してきます。
 
そのため、左腕を完全に伸ばすとバックスイングが窮屈になることもあるでしょう。
 
その場合は、バックスイングのトップでわずかならば左腕を曲げてもOKです。
 
しかし、あくまで「ごくわずか」です。
スイングが安定しないほど曲げるのは絶対に良くありません。
 
余談になりますが、インパクトまでは右腰が右肩よりも速く回り、インパクト後にようやく右肩が右腰を追い越す、というイメージを持つことも大切です。
 

 
それでは、インパクト後の左腕で注意するべき点は何でしょうか?
結論としては
 
左ひじがまっすぐのまま飛球方向(目標方向)へ伸びるのはNGで、左ひじは飛球方向よりも左側へ曲げられていく
 
のが正しい形です。
 
インパクト後も左ひじがまっすぐのままだと、手首が返らないのでボールを押し出すようなスイングになり、ヘッドに加速が乗りません。
 
飛距離が出ないだけでなく、ボールが右に出やすくなってしまいます。
 
インパクトまでは左腕を伸ばし、弧の大きな振りぬきが重要ですが、インパクト後の振り抜けでは左ひじを伸ばしたままではいけません。