コントロールショットで大事なのは、余分な力を入れず、バランスとタイミングを保つことです。
 
そこでまず7番、6番、5番の三本のアイアンを用意します。そしてそれぞれのアイアンで10球ずつ打つのです。
 
つまり合計で30球打つわけですが、ここでポイントなのは
 
「3本とも同じ距離を打つように意識すること」
 
です。

つまり7番アイアンでフルショットし、6番と5番では距離をコントロールして打つ練習をするわけです。
 
これを続けていくと、最初力まかせに打っていた7番でも、5番と6番のコントロールショットスイングの影響で不必要な力が抜けてきます。
 
すると相乗効果でアイアン全体のスイングが良くなります。
 

谷将貴プロ フェースの開きと飛距離の関係

アイアンでフェースを開いて打つ場面は珍しくありません。
 
特に、深いバンカーやがけ下など、高く上げるボールを打ちたいケースでは、フェースを開きます。
 
フェースを開いてボールを上げる打ち方は使い勝手が良く、身につければ強力な武器になります。
 
しかしその際は「飛距離」への意識も忘れてはいけません。
 
フェースを開いてボールを上げたい場面では、「とにかく高く打つ」ことに意識がとらわれがちです。そのため、がけ下などから打って飛距離が全く足りない、という悪い結果にしばしば陥ります。
 
谷将貴プロが

「フェースを開くと飛距離は三分の一減少します。スクエアで打って30ヤードなら、フェースを開くと飛距離は20ヤードになります」

 
と解説されていたことがあります。
 
どのくらい開くかでもちろん違いますが、ひとつの目安として頭に入れておくと役に立ちます。
 
「フェースを開いて、なおかつスクエアで打った時と同じ飛距離が欲しい」時は、スイングの振り幅を大きくする必要があります。
 
「速く振ろう」とか「インパクトで力を入れて強めに打とう」と考えてはいけません。
 
「ただ高く上げて脱出する」だけでなく、飛距離も計算できるようになれば、大叩きは少なくなります。
 

 
フェースの開き、打球の高さ、飛距離、スイングの振り幅の加減は、練習を繰り返して身につけるしかありません。
 
練習場でも、
 
「振り幅は同じで、フェースの開きを変えて、ボールの高さと飛距離の違いをチェックする」
 
「フェースの開きと打球の高さを変えても、振り幅を変えることで同じ飛距離をキープする」

 
といった問題意識を持ってボールを打てば、実際コースにでてからも対応できる範囲がグッと広がります。