ゴルフ好きの男の子ゴルフトゥデイ2017年2月号に、「パターで狙ったところに確実に打ち出すには?」という記事がありました。
 
その問いに対する矢野東プロの答えは
 
右手のヒラ、フェース、肩、目線をチェックする
 
でした。

ラウンド前の朝練習の際に、真っ直ぐ打ち出す調整法でチェックするのです。
 
以下にそのやり方を紹介します。
 
(このコンテンツはGOLF TODAY 2017年2月号62~63ページを参考にしています)
 
矢野プロがチェックするポイントは4つあります。
 
まずは練習グリーン上のボールの手前に、目標に向かって(スイング軌道と平行に)真っ直ぐな棒を置きましょう。それを基準にして
 
・両目を結んだライン
・両肩のライン

 
を平行に、
 
・右手のひら
・フェース

 
は目標に向ける(棒に対して垂直に)ように構えます。
 
 
構えたら最後に目標を見て確認します。この時、頭を上に上げてはいけません。構えた姿勢から、首を左に回して確認します。
 
テークバックではヘッドが棒に当たらないよう、平行に引きます。インサイドに引きすぎると棒に当たります。
 
スイングでは手でクラブを動かすのではなく、テークバックでは左肩を下げ、フォローでは右肩を下げるようにします。
 
ラウンド中にパッティングを修正するのはプロでも困難です。距離感は感覚的な要素が多いので、まだ対応できますが、打ち出す方向を修正するのは難しいのです。
 
そのため、朝の練習グリーンで棒やクラブを使い、上のような真っ直ぐ打ち出すための練習は重要なのです。