ゴルフ好きの男の子近年「Dプレーン」という理論が注目されています。
 
Dプレーンの考え方は1999年から提唱されていて、世界でも知られていますが、日本ではあまり流布されていないようです。

Dプレーンは、インパクト時のフェースの向きとスイング軌道が作る平面を指します。
 
Dプレーン理論では、ボールが出る方向は、スイング軌道よりもフェースの向きのほうがより大きく影響すると考えます。
 
 
その影響の大きさはクラブにより違いがあり、
 
・ドライバーなら約85%
・アイアンなら約75%

 
といった割合でフェースの向きに従って飛球方向が決まります。
 
 
これまでの理論や練習法で、思うように上達できなかったゴルファーは、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。
 
ゴルフダイジェストオンライン(GDO)には、Dプレーンの解説コンテンツがあり、動画もあります。