ゴルフ好きの女の子タイトルでは「ダウンブロー」としていますが、あくまでイメージです。
 
「ヘッドを上から入れる感覚でストロークする」ということです。

パッティング中の女性ゴルファー
 
実際にはやらない”ダウンブロー”でパットするとは、藤田プロのどんな狙いがあるのでしょうか?
 
藤田プロの著書「ショートゲームには上手くなる『順番』がある」82~83ページから紹介します。

しっかり打つための”ダウンブロー”

まずは藤田プロがパットで心がけていることから。

パットではつねにパチンと打つことを心がけています。言い換えれば「強めに打つ」ということ。
 
インパクトでフェースが開いたり、インパクト自体がゆるんで強めに打てません。ハンドファーストの構えからフォワードプレスを入れて始動するのも、強く打ちたいがゆえの方策です。

このように意識している藤田プロでも、時にはインパクトがゆるんだり、フェースが開くことがあるそうです。
 
それを防ぐための意識が”ダウンブロー”なのです。

それを極力なくすためにやっているのが、アイアンのようにダウンブローに打つことです。といっても、あくまでイメージ・・・・・・・・の話。
 
本当にダウンブローで打ったらボールの先のグリーンを傷めますから、ヘッドを上から入れるイメージでストロークするわけです。
 
現象だけを見れば、ダウンブローではありません。でも、そのイメージで打つとボールがキュッと飛び出してから転がっていきます。
 
結果的にレベルに近い形で打てて、転がりのいい球になります。
 
ボールとグリーン

パットで「しっかり打つ」ためにダウンブローをイメージするわけですね。
 
しかしアマチュアの場合、注意が必要なようです。

アマチュアのパットはアッパーブロー?

ここで藤田プロはちょっと意外なことを指摘されています。

アマチュアの方のほとんどは、パットでもアッパーブローと言うか、すくい打っています。
 
ヘッドが下から上に動く過程でボールをヒットしているわけで、これだとボールのつかまりが悪くなります。アイアンをアッパーブローで打った場合を想像していただくとわかりやすいと思います。

「パットがアッパーブローになっている」とは、考えたことがありませんでした。
 
おそらく多くの一般ゴルファーは指摘されたこともないはずです。
 
”パットのアッパーブロー”には、こんな弊害もあります。

さらに、インパクトもゆるみやすくなります。
 
ヘッドが下から上に向かう過程でボールをとらえるのと、上から下に向かう過程でとらえるのと、どちらが強く打てるかは明白です。
 
たとえゆるまなくても、パターには3~4度のロフトがついていますから、バックスピンがかかってボールが浮きます。そのぶん、転がりが悪くなるのです。
 
ラインを読む女性

”ダウンブロー”もやりすぎには注意 対処法は

ここまで聞くと、さっそく「よし、パットをダウンブローのイメージで打ってみよう」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
管理人もその一人なのですが、やりすぎには注意が必要です。

私のダウンブローはインパクトでロフトがつきすぎるのを防止するため。
 
そのイメージで打てばレベルに当たるという発想です。みなさんがダウンブローのイメージで打ってみたときに、出だしでボールが跳ねたり、引っかけるようならやりすぎです。

やりすぎた場合の対処法も紹介されています。

もしそうなったら、アドレスでややきつめにハンドファーストの形をつくっておき、インパクトまでその形を変えない、つまり、手が少し前に出た形でインパクトする。
 
あるいは、はじめから左足体重にして打ってみてください。
 
もちろん、なにもしなくてもレベルに打てている可能性もありますから、それも視野に入れてストロークを安定させましょう。

ゴルフ好きの女の子「気持ちよく打てる」というとドライバーを連想しがちですが、パットでも「気持ちよく打てた!」と感じるショットがありますよね。
 
その多くはしっかり打てて、よく転がってくれた時ではないでしょうか?
 
もしもあなたがパットでつかまりが悪い、インパクトがゆるみ気味なら”ダウンブロー”の意識を持ってみてはいかがでしょうか。

ITパッテイング理論
竹内雄一郎コーチのパッティング教材です。
「パッティングの距離感」「スイートスポットでヒットする練習法」「超ロングパットを2パットで沈める距離分割法」など、様々なパット技術を習得。
↓ ↓ ↓
>>ITパッティング理論