右肩が出ると、クラブは外側に上がりやすくなります。
 
これはつまり、アウトサイド軌道を描きやすくなることを意味します。
 
アウトサイド軌道のスイングは打球が左に出やすく、フェースが閉じていれば左に、開いていれば右に曲がってしまいます。

これを矯正するには、右肩を少し引き、ちょっと下げて構えるのがコツです。
 
これでインサイドにクラブが引きやすくなり、肩の回転もフラットになります。
 
 
また、どうしても軌道がアウトサイドになってしまうなら、スタンスを少しクローズ気味にするのも手です。
 
この時、肩や腰の向きは目標に向けたままで、右足をボール1個分ほど後ろに引き、スタンスだけをクローズにするのがコツです。
 
 
アウトサイド軌道で、どうしても左に球が出てしまうなら・・・
 
・右肩を少し引いて下げる
・スタンスを少しクローズ気味にする

 
・・・の対処法を試してみてください。